ページの先頭です


メニューの終端です。

お知らせ

  • 「あいちオレンジタウン構想」による「プラチナ長寿健診」 [2018年9月1日]
    大府市では、平成30年度より、あいちオレンジタウン構想のアクションプランの一環として、愛知県、東浦町、国立長寿医療研究センター、愛知県健康づくり振興事業団とともに、認知症共同研究推進事業として、「プラチナ長寿健診」を実施することとなりました。
     すでに、大府市にて75歳以上を対象に実施していたプラチナ長寿健診の対象年齢を変更し、5年間の予定で実施していきます。
  • 大府市認知症不安ゼロ作戦 [2018年5月8日]
    「大府市認知症不安ゼロ作戦」では、大府市に在住の高齢者を中心として、認知症になりにくいまちづくり、または認知症になっても安心して暮らせる街づくりというコンセプトに沿って、市と国立長寿医療研究センターが平成27年度から共同で各事業を推進してきました。 「脳とからだの健康チェック」、「プラチナ長寿健診」「コグニノート」の3事業を柱にした複合的な事業となっています。