ページの先頭です


メニューの終端です。

<参考>モデルケースでの保険税計算例

[2018年5月21日] 印刷用ページを表示(新しくウィンドウが開きます)

<参考>モデルケースでの保険税計算例

モデルケース1 40歳以上の夫婦 18歳以下の子ども2人の4人世帯

営業所得 300万円(夫のみ)、妻、子どもは所得なし 固定資産税(都市計画税を除く) 10万円 基礎控除 33万円のケース

モデルケース1 保険税計算例
区分医療分支援金分介護分
(40歳から64歳)
所得割 (a)
(課税標準所得×所得割税率)
(300万円-33万円)×4.7%=
125,490円
(300万円-33万円)×1.3%=
34,710円
(300万円-33万円)×1.1%=
29,370円
資産割 (b)
(固定資産税額×資産割税率)
10万円×23%=
23,000円
10万円×3%=
3,000円
10万円×3%=
3,000円
均等割 (c)
(人数×均等割額)
4×23,800=
95,200円
4×7,000=
28,000円
2×9,000=
18,000円
平等割 (d)
(1世帯単位)
22,000円7,000円7,000円
法定軽減額※1 (e)
(非該当)
子ども減免額※2 (f)(1人目23,800×0.2)+
(2人目23,800×0.5)=
16,660円
(1人目7,000×0.2)+
(2人目7,000×0.5)=
4,900円
小計
(a+b+c+d-e-f)
249,030円67,810円57,370円
端数処理後
(1,000円未満切捨)
249,000円 (A)67,800円 (B)57,300円 (C)
保険税額
(A+B+C)
374,100円

モデルケース2 65歳以上の夫婦2人世帯

年金収入200万円(夫)、80万円(妻) 固定資産税(都市計画税を除く) 10万円 基礎控除33万円のケース

※年金収入200万円=年金所得80万円 年金収入80万円=年金所得0円

モデルケース2 保険税計算例
区分医療分支援金分介護分
(40歳から64歳)
所得割 (a)
(課税標準所得×所得割税率)
(80万円-33万円)×4.7%=
22,090円
(80万円-33万円)×1.3%=
6,110円
資産割 (b)
(固定資産税額×資産割税率)
10万円×23%=
23,000円
10万円×3%=
3,000円
均等割 (c)
(人数×均等割額)
2×23,800=
47,600円
2×7,000=
14,000円
平等割 (d)
(1世帯単位)
22,000円7,000円
法定軽減額※1 (e)
(5割軽減)
均等割 47,600×0.5=23,800
平等割 22,000×0.5=11,000
均等割 14,000×0.5=7,000
平等割   7,000×0.5=3,500
子ども減免額※2 (f)
(非該当)
小計
(a+b+c+d-e-f)
79,890円19,610円
端数処理後
(1,000円未満切捨)
79,800円 (A)19,600円 (B)
保険税額
(A+B+C)
99,400円

 【減免・軽減】

 ※1法定軽減 

  • 世帯主と世帯の国保加入者の総所得金額が次の金額以下の世帯は、均等割及び平等割が軽減されます。
  •   7割軽減…33万円
  •   5割軽減…33万円+(27.5万円×被保険者数)
  •   2割軽減…33万円+(   50万円×被保険者数)

 ※2子ども減免

  • 世帯にいる18歳以下の子どもについて、1人目の子どもの均等割を2割減免、2人目以降の子どもの均等割を5割減免します。

■ お問い合わせ先

健康文化部 保険医療課 
電話番号0562-45-6230(福祉医療係) / 0562-45-6330(国保年金係) ファックス番号0562-44-3434 メールアドレス