ページの先頭です


メニューの終端です。

市道一ツ屋西線が開通します

[2011年5月6日] 印刷用ページを表示(新しくウィンドウが開きます)

(プレスリリース)
平成23年5月6日発表

 

市道一ツ屋西線が開通します

 

 大府市が整備を進めてきた市道一ツ屋西線が平成23年5月13日に開通します。
 市道大府共和線から大府一ツ屋土地区画整理組合地内までの約110メートルの区間が新たに開通し、全体で約400メートルが通行できるようになり、周辺地域の円滑な通行が確保できます。
 この市道一ツ屋西線は、大府一ツ屋土地区画整理組合地区の南側の玄関口として整備され、片側1車線で、幅員が20メートル、両側に4メートルの歩道が設置されます。
 主要構造物には、鞍流瀬川を渡る「一ツ屋橋」があり、橋長約35メートル、上部工形式「単純非合成鋼鈑桁橋(たんじゅんひごうせいこうばんけたきょう)」の橋梁です。
 5月13日(金曜日)には、一ツ屋橋東側において開通式を開催します。

工事概要

  1. 路線名/市道一ツ屋西線
  2. 事業期間/平成20年度~平成23年度
  3. 開通区間/
    開通延長:
    約110メートル
    車線数:片側1車線
    幅員:20.0メートル
  4. 事業費/約3億1千万円(平成20年度~平成23年度)
  5. 主要構造物/一ツ屋橋(鞍流瀬川)
    橋長:35メートル
    幅員:20メートル
    上部工形式:単純非合成鋼鈑桁橋(耐候性鋼材・たいこうせいこうざい)

※本市では橋梁の桁の部材に初めて「耐候性鋼材」を使用し、ライフサイクルコストの削減に努めました。「耐候性鋼材」は、鋼材の表面に錆を形成させる鋼材で、その錆自体が鋼材表面を保護し、内部まで腐蝕されないような鋼材です。錆の色は茶褐色で、無塗装で優れた防食性能を発揮するため、将来、塗装などメンテナンス費のコストダウンをすることができます。

開通式概要

  1. 日時/平成23年5月13日(金曜日) 午後1時30分から
  2. 会場/一ツ屋橋 東側(大府市共和町鴨田地内)
  3. 出席者/大府市長、大府一ツ屋土地整理組合理事長、大府市議会議員、大府幹部交番所長、地元振興長など(約20人)
  4. 内容/主催者挨拶、祝辞、テープカット、橋名板除幕式
  5. 主催/大府市

参考資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

この件に関するお問い合わせ先

大府市役所土木課
 電話番号:0562-45-6231
 ファックス番号:0562-44-3347
 Eメール:doboku@city.obu.lg.jp

 

  • プレスリリースに掲載された内容およびお問い合わせ先は発表現在のものです。その後、予告なしに変更される場合がありますのでご了承ください。

■ お問い合わせ先

企画政策部 広報広聴課 
電話番号0562-45-6214 ファックス番号0562-48-4808 メールアドレス