ページの先頭です


メニューの終端です。

病児・病後児保育の支援

[2018年4月27日] 印刷用ページを表示(新しくウィンドウが開きます)

大府市では、病児・病後児の一時預かり保育を実施しています。

大府市の病児・病後児保育の事業形態は2種類に分けられ、お子さんの自宅等にスタッフを派遣し保育を行う派遣型(ファミリー・サポート・センター事業、病児・緊急対応強化事業)と医療機関に併設した病児保育室で保育を行う施設型(病児保育事業)があります。

平成27年度から新たに2か所の医療機関での病児・病後児保育を開始しています。

派遣型病児・病後児保育について

派遣型の病児・病後児保育(ファミリー・サポート・センター事業 病児・緊急対応強化事業)は、以下の団体で実施しています。大府市では、派遣型病児・病後児保育を利用の場合、利用料の一部を補助します。

派遣型病児・病後児保育実施団体一覧
団体名 住所電話 ファックス対象年齢

利用料金

(1時間あたり)

NPO法人福祉サポートセンターさわやか愛知(別ウインドウで開く)

大府市共栄町二丁目420番地の10562-44-92060562-45-47871歳から1,600円
NPO法人ネットワーク大府(別ウインドウで開く)大府市森岡町一丁目30番地0562-85-7028

0562-44-2953

6か月から

1,600円     (平成30年4月より料金改定)

キッズハウスひなたぼっこ・NPO法人みらいっこ(別ウインドウで開く)

(大府市認定保育室に併設)

大府市北山町一丁目83番地0562-47-95641歳から

 1,400円
(施設費、保険料を含む)

派遣型病児・病後児保育の利用者負担額の補助について

1.補助対象:原則市内在住の生後6か月から中学校就学前の児童で、保護者の仕事の都合等により家庭で育児を行うことが困難である場合

2.保育時間:月曜日から金曜日まで、午前8時から午後6時まで(原則)

3.補助金額:1時間あたり上限800円(1日8時間が限度)

※ご利用の場合は事前に登録が必要(登録料・会費は無料)です。

 

派遣型の病児・病後児保育の登録方法と利用の流れ

登録方法

  1. 親子で実施団体と事前打合せを行う。(打合せ前に電話予約が必要です。)
  2. 実施団体へ登録書を提出する。

 

預かりから帰宅までの流れ

  1. 実施団体に電話で申込む。
  2. サービス利用前に、かかりつけ医の診断を受ける。
  3. 病児・病後児保育スタッフが利用者宅(施設)で託児サービスを行う。

※投薬に関しては、投薬依頼書を提出してください。

派遣型病児・病後児保育に関する相談および問い合わせ先

  • NPO法人福祉サポートセンターさわやか愛知
    電話:0562-44-9206
    ファックス:0562-45-4787

施設型病児・病後児保育について

施設型の病児・病後児保育(病児保育事業)は、医療機関に付設された専用の病児保育室で看護師等が一時的に保育をする事業です。大府市では、事業者の医療法人社団明照会大府あおぞら有床クリニック、はやかわ耳鼻咽喉科クリニックへ運営費の補助をしています。

利用者は市内に居住する中学校就学前の児童です。(「紙ひこうき」は生後6か月未満、「ぞうさん」は生後1年未満の者を除く。)

ご利用の場合は事前登録が必要です。病児保育の概要、登録の方法については、医療機関のホームページをご覧ください。

施設型病児・病後児実施医療機関
医療機関名住所電話ファックス利用料金

医療法人社団明照会大府あおぞら有床クリニック病児保育室「紙ひこうき」 (別ウインドウで開く)

大府市吉田町半ノ木45番地の10562-85-15100562-85-1574

 4,320円

(1日)

 はやかわ耳鼻咽喉科クリニック病児保育室「ぞうさん」(別ウインドウで開く)大府市東新町二丁目140番地0562-47-11870562-47-1197

 300円

(1時間)

おぶちゃん

■ お問い合わせ先

福祉子ども部 保育課 
電話番号0562-85-3895 ファックス番号0562-47-3150 メールアドレス