ページの先頭です


メニューの終端です。

「緑花推進応援プロジェクト」の審査結果

[2017年9月21日] 印刷用ページを表示(新しくウィンドウが開きます)

審査方法

 平成29年5月31日(水曜日)午前9時30分より、市役所会議室にて、大府市緑化推進委員会委員を審査員として、緑花推進応援プロジェクトの審査を実施しました。プレゼンテーションは1団体10分以内として、その後、大府市緑化推進委員による質疑を設け、審査を行いました。

審査結果

「緑花推進応援プロジェクト」の審査結果
団体得点事業概要評価内容
大府コミュニティ推進協議会82・コリウス、ビオラ、アメリカンブルー等の植栽。
・大府駅前の花用プランター及び周辺の植栽帯の緑化と維持管理。
地域住民や小中学生と連携して緑化活動に取り組んでおり、明るい社会づくりに大きく寄与している点が評価された。
ファミリークラブたんぽぽ81・北山児童センターのシンボルゾーンの緑化整備。
・緑化整備を行った箇所の草取りや散水。
施設利用者や団体と連携した緑化整備を行い、地域の緑化推進に大きく寄与している点。また、定期的にシンボルゾーンの維持管理を行うことで、地域住民に愛着をもってもらえる点が評価された。
BT木の山82・木の山地区の環境美化活動。
・ペチュニア、マリーゴールド、ビオラ等の植栽。
木の山地区全体で継続的に花植えやごみ拾いなどをしており、地域住民の繋がりが強く、地域性を活かしたまちづくりに取り組んでいる点が評価された。
花まるOBUプロジェクト86・ハナモモの苗木の市民への無償配布。
・ハナモモを種から収穫して、苗木に育てるまでの活動。
市民を対象とした苗木の配布により、大府市全域での緑化活動に取り組んでおり、参加者を公募することで市民参画を実践している点が評価された。

「緑花推進応援プロジェクト」の概要

◆対象事業

  • 市内の緑花推進を図ることができる事業
  • 市民の満足度が高まり、具体的な効果又は成果が期待できる事業
  • 協働の役割分担が明確かつ妥当で、相乗効果が高まる事業
  • 事業を提案する団体が実施することが可能である事業

◆応募期間 平成29年4月1日(土曜日)から4月28日(金曜日)まで

◆応募団体数 4団体

◆交付金額 1団体1事業あたり25万円を上限

 

審査基準

◆審査基準1項目ごとに、次の基準により審査員の主観で採点する。

点数表には、点数(0点から4点)を記入。

4点:完全に一致する

3点:概ね一致する

2点:一致する部分が多い

1点:一致する部分が少ない

0点:該当しない

◆不採択の基準は、0点の審査員が半数以上いた項目が1項目でもあった場合とする。

◆当該実施年数は、1年目から3年目:4点、3年目から6年目:3点、6年目から9年目:2点、9年目以上:1点とする。

◆各団体の得点は、(総獲得点数)/{(審査員数)×5項目×4点}×100で算出し、

100点を満点とする。

 

審査基準
審査基準の具体的な項目
 1.市内の緑花推進を図ることができる事業である。
 2.市民の満足度が高まり、具体的な効果又は成果が期待できる事業である。
 3.協働の役割分担が明確かつ妥当で、相乗効果が高まる事業である。
 4.事業を提案する団体が実施することが可能である事業である。
 5.当該事業の実施年数。

■ お問い合わせ先

都市整備部 緑花公園課 
電話番号0562-45-6236 ファックス番号0562-47-3347 メールアドレス