ページの先頭です


メニューの終端です。

長寿研・あいち小児 医療現場臨床ニーズ発表会の実施報告

[2018年6月26日] 印刷用ページを表示(新しくウィンドウが開きます)

開催概要

 今回のニーズ発表会では、医工連携を推進している東京都医工連携HUB機構と連携し、国立長寿医療研究センターとあいち小児保健医療総合センターの医療現場のニーズを発表することで、全国的なウェルネスバレーの知名度向上につなげることを主な目的として開催しました。
 また併せて、医療現場の困りごとの解決を図るとともに、東京都等の医療機器製販企業をこの地域に呼び込み、当地域のものづくり企業との交流を図りました。

開催期日

平成29年5月24日(水曜日)13時00分から17時10分まで

会場

国立長寿医療研究センター 教育研修棟 大研修室(愛知県大府市森岡町七丁目430)

会場アクセス(国立長寿医療研究センターホームページ)(別ウインドウで開く)

実施体制

主催:ウェルネスバレー推進協議会

主管:大府市、東浦町

特別協力:国立研究開発法人国立長寿医療研究センター、あいち小児保健医療総合センター

協力:東京都医工連携HUB機構、大府商工会議所、東浦町商工会、一般社団法人日本医工ものづくりコモンズ

参加者数

130名(製販企業75名、ものづくり企業29名、行政・公的機関17名、その他9名)

 ※事務局、発表者を除く
 ※製販企業とは、薬機法で定められた「医療機器製造販売業」の業許可をもつ医療機器メーカー

開催プログラム

【第1部 臨床ニーズ発表会】13時00分から15時45分まで
 13時00分 開会挨拶 大府市長 岡村 秀人
               東浦町長 神谷 明彦
 13時10分 イントロダクション『クラスター研究会 臨床現場の「困りごと」から製品開発・研究業績へ』
        東京都医工連携HUB機構 プロジェクトマネージャー 柏野 聡彦 様
 13時20分 Aグループ 臨床ニーズ発表(30分)、名刺交換・休憩(15分)
 14時05分 Bグループ 臨床ニーズ発表(30分)、名刺交換・休憩(15分)
 14時50分 Cグループ 臨床ニーズ発表(30分)、名刺交換・休憩(15分)
 15時35分 講評・閉会挨拶 国立長寿医療研究センター 病院長 原田 敦 様
                   あいち小児保健医療総合センター センター長 服部 義 様

【第2部 医療者等との交流会】15時50分から17時10分まで

【企業展示(会場内に併設)】13時00分から17時00分まで
 ・株式会社吉見製作所
 ・タツミ化成株式会社
 ・株式会社松本義肢製作所
 ・株式会社型善
 ・株式会社松尾製作所
 ・ウェルネスバレー推進協議会

当日の様子

会場の様子(満席)

名刺交換タイム

企業展示

交流会の様子


■ お問い合わせ先

企画政策部 健康都市推進局 ウェルネスバレー推進課 
電話番号0562-45-6255 ファックス番号0562-47-7320 メールアドレス