ページの先頭です


メニューの終端です。

都市鉱山メダル運動

[2017年4月5日] 印刷用ページを表示(新しくウィンドウが開きます)

都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト

都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト

みんなの想いがこもったメダルを東京2020オリンピック・パラリンピックのアスリートに届けよう!

 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の入賞メダルを、携帯電話を始めとした小型家電等から回収したリサイクル金属(金・銀・銅)を活用することによって制作する「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」を2017年4月から開始すると発表しました。

 回収された小型家電から、2020年東京大会の金・銀・銅合わせて約5,000個のメダルが製造される予定です。メダルの製作を目的に小型家電等の回収を行い、集まったリサイクル金属からメダルをつくるのは、2020年東京大会が初めての試みです。

 東京2020組織委員会は、環境省、日本環境衛生センター、NTTドコモ、東京都と一体となって、このプロジェクトを推進していくこととしています。事業協力者として選定された日本環境衛生センターは、家庭に眠っている小型家電を全国の自治体と認定事業者の協力を得て、小型家電リサイクル法に基づいて回収することになりました。これにより、東京都だけでなく、全国各地からこのプロジェクトに参加することが可能になりました。

 「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」(日本環境衛生センター)のホームページ(外部リンク)

あなたの携帯電話やパソコンなどの小型家電がオリンピックのメダルに生まれ変わります!

都市鉱山メダルの写真

 本市も、「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」に参加し、使用済小型家電の回収を積極的に推進していきます。

 回収方法は、市の公民館等への持ち込み(大府市民対象)、もしくは、宅配便による自宅回収があります。

 詳しくは、「使用済小型電子機器等の回収について」をご覧ください。

都市鉱山メダル連携促進委員会

発足式の写真

 2016年10月21日に、本市、女子レスリングのメダリストを多数輩出している至学館大学及び小型家電リサイクル法の認定事業者であるリネットジャパン株式会社を発起人として、産学官が連携して「都市鉱山メダル連携促進委員会」を発足しました。

 都市鉱山メダル連携促進委員会は、都市鉱山メダル運動「ゴールドラッシュ2020プロジェクト」を、全国の自治体、各地の小型家電リサイクル法の認定事業者及び教育機関と連携して推進していくことを目指して発足しました。

 情報発信力のある女子レスリングの吉田沙保里さんを始めとしたアスリートや幼稚園、小中学校、高校、大学などの教育機関にもご協力をいただきながら、市が主催する市民イベントでの携帯電話の回収や「市民マラソンのメダルを小型家電リサイクルでつくろう」イベントなどで運動を盛り上げています。

「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」への応募に際して、全国の自治体や認定事業者等に広く参画を呼び掛けたところ、全国の自治体126市町村、認定事業者33社から賛同(または賛同の意向)の表明をいただきました。

都市鉱山メダル連携促進委員会発足式

 2017年4月からは、「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」の事業協力者に選定された日本環境衛生センターに事務局を置き、さらに多くの自治体がこのプロジェクトに参加します。日本全国にメダルプロジェクトの輪が広がることを期待しています。

都市鉱山メダルに関する取り組みを動画で紹介

岡村市長とリネットジャパンの黒田社長が対談している様子
 都市鉱山メダルに関する取り組みについて、岡村秀人市長とリネットジャパン株式会社の黒田武志社長との対談を収めた動画、スマイルおおぶ「掘り起こせ!都市鉱山から金メダル!!」をおおぶムービーチャンネルで公開しています。ぜひご覧ください。

 スマイルおおぶ「掘り起こせ!都市鉱山から金メダル!!」 (外部リンク)

いらなくなった携帯電話・パソコンで2017年大府シティ健康マラソン大会のメダルをつくろう!

マラソン大会のメダルをつくろう!パネル

 2017年3月末までに、携帯電話・パソコン2020台を回収することで、2017年の大府シティ健康マラソン大会(主催:大府シティ健康マラソン大会実行委員会(大府市健康文化部スポーツ推進課内))で、オリンピックと同等の金メダルを贈呈します。 

 いらなくなった携帯電話・パソコンは、市の公民館等への持ち込み(大府市民対象)、または、宅配便による自宅回収をご利用ください。

「マラソン大会のメダルをつくろう!」PRチラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

関連情報


■ お問い合わせ先

市民協働部 環境課 
電話番号0562-45-6223 ファックス番号0562-47-9996 メールアドレス