ページの先頭です


メニューの終端です。

メールによる架空請求にご注意ください!!

[2018年1月1日] 印刷用ページを表示(新しくウィンドウが開きます)

メールによる架空請求にご注意ください!!

相談事例

大手ショッピングモールを名乗り「テレビの発注を受けた。」とメールが届いた。注文した覚えはないので「キャンセルはこちら」をクリックしたら、別のサイトに移動した。画面に「キャンセルを受け付けました」と表示された。同じ画面上に表示されていた電話番号に電話したところ、「この電話番号は使われておりません」と音声が流れた。不審である。(40代女性)

アドバイス

・ショッピングモール名を悪用した架空請求であり、相手にしないようようにしましょう。また、サイトへのアクセスや電話連絡をしたことで、請求相手にメールアドレス等が知られてしまった恐れがあるため、迷惑メールの受信拒否設定や知らない相手からの電話は取らないなどの対策を取っておきましょう。また、万が一請求書が届いた場合は再度相談すること、テレビが届いた場合は受け取り拒否しましょう。
・メールによる家電製品の架空請求では、「キャンセルをする場合はこちら」など、別サイトへのアクセスや電話連絡へと誘導する手口が多くみられます。慌ててURLをクリックしたり、電話連絡したりすると、メールアドレスや電話番号等の個人情報が相手に知られてしまい、被害が拡大する恐れがあります。請求相手へは絶対に連絡しないようにしましょう。
・架空請求のメールが届いたり、被害に遭った場合は、早めに消費生活相談窓口へ相談しましょう。また、脅されたり、身の危険を感じるような悪質な取り立てを受けた場合は、警察に相談するようにしましょう。

 

困った場合は相談

関連情報


■ お問い合わせ先

産業振興部 商工労政課 
電話番号0562-45-6227 ファックス番号0562-47-7320 メールアドレス