ページの先頭です


メニューの終端です。

企画展「戦国あいちヒストリア展」同時開催「衣ヶ浦の歴史2 戦国編」

[2017年6月22日] 印刷用ページを表示(新しくウィンドウが開きます)

企画展「戦国あいちヒストリア展」同時開催「衣ヶ浦の歴史2 戦国編」

戦国イメージ

 戦国時代愛知県は、三英傑を生み出し、合戦場も多くあります。信長・秀吉・家康によって愛知県出身の武将は全国に雄飛し、近世大名として名を馳せる者がいました。

 信長の時代に、北陸方面の攻略を任じられた柴田勝家(名古屋市名東区出身)、後の天下人羽柴秀吉(名古屋市中村区出身)がいます。

 秀吉の時代に、五大老のひとりで百万石の大身となった前田利家(名古屋市中川区出身)、賤ヶ岳の戦いで七本槍として頭角をあらわした加藤清正(名古屋市中村区出身)、福島正則(あま市出身)がいます。

 家康の時代に、徳川四天王として活躍した酒井忠次(岡崎市出身)、本多忠勝(岡崎市出身)、榊原康政(豊田市出身)、小大名から土佐二十万石を領する山内一豊(一宮市出身)がいます。

 企画展は、愛知県の戦国時代がわかる文物が展示されます。また昨年度の「衣ヶ浦の歴史」の第2弾として戦国編を同時開催します。

企画展の概要

日 時 平成29年7月8日(土曜日)~9月3日(日曜日)

     午前9時から午後6時(入場は閉館時間の30分前まで)

場 所 大府市市歴史民俗資料館( 愛知県大府市桃山町五丁目180-1)

料 金 無料

休館日 毎週月曜日、祝日、祝日の翌日の火曜日、毎月最終金曜日

展示構成

合戦場の武器武具

甲冑や火縄銃(新城市設楽原歴史資料館蔵)、刀剣類、 鍛冶道具一式が展示されます。特に日本刀は今回だけの限定展示です。

備州長船春光(天文年間)当館蔵

1. 刀 備州長船春光(天文年間)1振り

2.   刀 孫六兼元(永正年間)1振り

3. 刀 関の兼定(室町中期)1振り

4.   刀 濃州関住兼常(室町中期)1振り

5.  薙刀 若狭守藤原氏房作(安土桃山)1振り

6.   槍 氏房(安土桃山) 1本

 

信長文書の世界

信長文書

伝常滑水野家の織田信長文書を中心に、豊臣秀吉文書、徳川家康文書の写し、将軍足利義輝の文書が一堂に展示されます。

戦国の城

蒲郡市上之郷城ジオラマ
戦国時代の城は現在みられる城と違うものでした。当時の城を復元した蒲郡市上之郷城の大型ジオラマが展示されます。

同時開催 衣ヶ浦の歴史2―戦国編

中世から戦国へ

武豊町長尾城発掘調査
衣ヶ浦の中世集落遺跡を紹介します。武豊町ウスガイト遺跡・長尾城、刈谷市中条遺跡の出土遺物が展示されます。

戦国衣ヶ浦をめぐる水野家の人々

延命寺文書水野信元朱印(天文21年)
大府市を含む衣ヶ浦周辺は水野家が統治していました。今回の企画展でしか見られない関係資料が展示されます。

梶川氏の城

大脇城遺跡(愛知県埋蔵文化財センター発掘)

大府市に所在する横根城の城主である梶川五左衛門は水野家の家臣と言われています。豊明市に所在する大脇城の城主も務めており、発掘調査で出土した遺物が展示されます。

「戦国あいちヒストリア展」ポスター

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

資料館駐車場案内


■ お問い合わせ先

歴史民俗資料館 
電話番号0562-48-1809 ファックス番号0562-44-0033 メールアドレス