ページの先頭です


メニューの終端です。

不妊治療費助成制度

[2016年4月1日] 印刷用ページを表示(新しくウィンドウが開きます)

不妊治療費助成制度についてのご案内

制度の概要

不妊検査、不妊治療を受けられたご夫婦に対して、医療に要した費用の一部を助成する制度です。

助成対象となる治療

不妊検査

超音波検査、ホルモン検査、子宮卵管造影検査、クラミジア抗体検査、精液検査、その他の不妊治療に必要とする検査(健康保険適用分・自費分も含まれます)

不妊治療

一般不妊治療(健康保険適用分・自費分も含まれます)。体外受精・顕微授精などの特定不妊治療は除きます。

対象者  次のいずれにも該当する方とします

  1. 夫婦のいずれかが大府市内に住所を有している。(夫婦のどちらか一方が県内の市町村で同様な給付を受ける場合を除く。)
  2. 医療機関によって不妊治療が必要であると診断された。
  3. 医療保険各法による被保険者もしくは被扶養者である。

※同一夫婦につき助成を受けられるのは一度限りです。ただし、本助成を受けて妊娠し母子健康手帳の交付を受けた方がさらに次の児を得るために不妊治療を開始した場合は対象となります。

補助額

対象となる治療の自己負担額の2分の1で、補助額は1年度10万円を限度とします。

補助を受けられる期間

  • 平成28年3月1日以降の不妊検査・治療分から適用になります。
  • 助成を開始した月から連続した2年間(24ヶ月)が補助の対象になります。
  • 転入の場合は、転入日以降に実施した不妊治療から適用します。
  • 医師の判断によりやむを得ず治療を中断した場合には期間を延長できます。(やむを得ず治療を中断した場合とは、他の疾患に罹患した場合など医師の判断で不妊治療の継続が困難な場合であり、医師の証明が必要です。流産や体外受精など不妊治療に付随する治療の休止は延長の対象になりません。)

補助金の申請から支払いまでの流れ

申請は年度ごとになります。年度とは3月1日から翌年の2月末までです。
  • 申請は年度ごとになります。(年度とは3月1日から翌年の2月末までです。)
  • 申請は、各年度に1回のみです。治療を休止したり、医療機関 が変更になった場合も、1回にまとめて申請してください。

申請方法 以下の書類を揃えて保健センターまでお越しください

必ず必要なもの

  1. 大府市不妊治療費補助金交付申請書(第1号様式)⇒ 1から4の申請書類はこちら
  2. 大府市不妊治療費補助金実績報告書(第3号様式)
  3. 大府市不妊治療自己負担額支払証明書(第4号様式)(医療機関で記入するもの)
    ※補助金申請締め切り間際になると、医療機関によっては、記入に1か月以上を要する場合があります。早めに医療機関に証明の依頼をするようにしてください。
  4. 大府市不妊治療費補助金交付請求書(第5号様式)
  5. 夫婦の医療保険証
  6. 医療機関・調剤薬局の発行する領収書(原本に限る)
  7. 認印

条件により必要なもの

  1. 夫婦の住民票(3ヶ月以内に発行されたもの・住民基本台帳閲覧に同意する場合は不要)
  2. 夫婦の市町村民税の所得証明書 6月から12月に申請される方は申請年の、1月から5月に申請される方は前年の1月1日に居住する市町村で発行されます(該当市町村が大府市の場合で、閲覧に同意する場合は不要)
  3. 戸籍の全部事項証明書(単身赴任等で夫婦のどちらかの住所が市外にある方のみ必要・3ヶ月以内に発行されたもの)

(補足)

 本事業は愛知県の助成を受けて実施しているため、大府市では所得制限を設けていませんが所得の確認が必要となります。また転入者で前の市町村で補助を受けていた場合、大府市では受給歴は問いませんが、助成状況を確認する必要があります。

補助金の支払い

  • 平成28年3月1日から平成29年2月末での補助金の申請は平成29年3月17日金曜日までに行ってください。
  • 申請後、補助を決定した方には決定通知書を郵送します。
  • 補助金の振込みは、申請日が1日から15日の場合は翌月5日(休日にあたる場合は翌日)、16日から31日の場合は翌月20日(休日にあたる場合は翌日)になります。ただし、変更する場合もありますので、申請の際にお伝えします。

よくある質問

Q:医療機関が複数になった場合、申請書それぞれ記入した方がよいか?

A:第1.3.5号様式については、1枚ずつの提出でかまいません。第4号様式(医療機関で記入してもらうもの)については、それぞれの医療機関で記入してもらうため、医療機関分提出してください。

Q:実際治療した医療機関は複数だが、その医療機関が同じ系列病院の場合の第4号様式の取扱はどうなるか?

A:医療機関が1か所で証明書の記入が可能であれば、第4号様式をまとめてもかまいません。

Q:市外に転出後、大府市在住期間の治療の補助金申請をしても大丈夫か?

A:治療期間内に夫婦どちらかが大府市在住であれば、申請は可能です。ただし、転出先が夫婦別々の場合は、婚姻の確認ができませんので、戸籍の全部事項証明書を提出してください。

Q:医療費控除の申請をしたいが、領収書は返却してもらえるか?

A:提出してもらった領収書はその場でコピーを取り返却します。

Q:夫婦どちらか一方しか治療をしていないが、保険証は夫婦のものを提示する必要があるのか?

A:ご夫婦の保険証を提示してください。

Q:転入をしてきており、前市町村で所得証明書を発行してもらう必要があるが、妻には所得がないが、証明書は必要なのか?

A:所得がない場合でも、その証明が必要になります。必ずご夫婦の所得証明書を提出してください。


■ お問い合わせ先

健康文化部 健康推進課 保健予防係/保健指導係 
電話番号0562-47-8000 ファックス番号0562-48-6667 メールアドレス