ページの先頭です


メニューの終端です。

新健康おおぶ21プラン

[2015年1月5日] 印刷用ページを表示(新しくウィンドウが開きます)

「新健康おおぶ21プラン」とは

大府市では、第一次総合計画策定時からまちづくりの基本理念を「健康都市づくり」としており、昭和62年に「健康づくり都市宣言」をおこないました。

市民のみなさまが心身ともに健康でいきいきとした生活が送れるよう、平成15年に10年計画として健康日本21大府市計画を策定し、平成19年度には、中間評価と計画の見直しを行い、平成20年度から24年度までの後期計画「健康おおぶ21プラン」を策定しました。

このたび「健康おおぶ21プラン」の評価内容と、これまで蓄積してきた健康に関連するデータを分析し、平成26年度から10年間の「新健康おおぶ21プラン」を策定しました。
市民一人ひとりが健康づくりに取り組み、さらに家族、地域、学校、行政、企業、研究機関などと連携し、「健康寿命を延ばし、長生きを喜べる健康都市」を目指します。

 

プランの基本方針

取組テーマ 「人の健康」「まちの健康」

基本方針

・重点分野別、ライフステージや地域別に進行管理ができる目標を設定します

・目標達成に向け、市民が健康づくりに取り組みやすい環境を整えます

・健康づくり関係団体・機関等と連携し、超高齢化が進む10年後を見据え、目指すべき姿について取組を進めます

プランの位置づけ

プランの位置づけ
「第5次大府市総合計画」の健康部門の基本計画と位置づけられ、食育計画を包含しています。そして、行政推進の短期計画として、「健康都市プログラム」を作成し、毎年更新します。

計画期間

計画期間

この計画における推進期間は、平成26年度から35年度までの10か年とします。また、平成30年度の中間評価では、目標の達成状況の検証を行い、社会情勢の変化等を踏まえ、必要に応じて目標項目の追加や見直しを行います。平成35年度に最終評価を行い、その後の健康づくり施策の推進につなげます。

健康課題解決のイメージ

課題解決のイメージ

健康課題を解決し、目標を達成するために、重点分野別に目標と指標を設定し、取組をします。

重点分野別の指標と取組

重点プロジェクト

計画の推進体制


■ お問い合わせ先

健康文化部 健康推進課 健康都市推進室 
電話番号0562-45-6226 ファックス番号0562-47-2888 メールアドレス