ページの先頭です


メニューの終端です。

大府市国民健康保険データヘルス計画

[2018年5月17日] 印刷用ページを表示(新しくウィンドウが開きます)

大府市国民健康保険データヘルス計画

 平成25年6月14日に閣議決定された「日本再興戦略」を受けて、平成26年3月31日に「データヘルス計画」の推進を目指し、「国民健康保険法に基づく保健事業の実施等に関する指針」の改正が行われました。この改正により、市町村国保保険者は、健康・医療情報を活用してPDCAサイクルに沿った効果的かつ効率的な保健事業の実施を図るために、「データヘルス計画」を策定し、保健事業の実施及び評価を行うこととされました。

 大府市においても、国民健康保険データヘルス計画を策定し、被保険者の健康寿命の延伸と医療費の適正化を推進していきます。

計画策定の目的

 特定健診のデータやレセプトデータを活用することで、被保険者の健康状況や疾病・治療の状況を把握・分析し、効果的かつ効率的な保健事業の展開を進めることにより、健康寿命の延伸と医療費の適正化を図ることを目的としています。

計画期間

計画期間は、平成30年度(2018年度)から平成35年度(2023年度)までとします。

計画の推進

 定期的に目標の達成状況を評価し、必要に応じて実施内容などを見直します。なお、平成32年度(2020年度)に中間評価を行います。

他の計画との関係

「大府市総合計画」を上位計画として、次に掲げる各種計画との整合性を図ります。

〇第三期特定健康診査等実施計画

〇新健康おおぶ21プラン

〇第7期大府市高齢者福祉計画・知多北部広域連合介護保険事業計画


■ お問い合わせ先

健康文化部 保険医療課 
電話番号0562-45-6230(福祉医療係) / 0562-45-6330(国保年金係) ファックス番号0562-44-3434 メールアドレス