ページの先頭です


メニューの終端です。

愛知やきものヒストリー2018

[2018年7月6日] 印刷用ページを表示(新しくウィンドウが開きます)

愛知やきものヒストリー2018

愛ヒスキャラクター1

      

現在も瀬戸・常滑といった日本を代表するやきものの産地がある愛知県は、歴史的にもやきもの作りが非常に盛んな地域であります。こうした愛知県のやきもの文化が学べる展示会を県内18館で共同開催します。

 期間中は「やきものスタンプラリー」を行います。各館を巡って、素敵な景品をゲットしましょう。

歴史民俗資料館の展示概要

灰釉椀

「灰釉陶器から山茶碗へ~大府市皆瀬川・高根川流域の古窯~」

歴史民俗資料館では、愛知やきものヒストリー2018の関連ミニ展示として、市内で多く出土する山茶碗について展示します。今回は、その中でも最も古い山茶碗について取り上げます。

日 時 7月14日(土曜日)~9月9日(日曜日) 午前9時~午後6時
場 所 歴史民俗資料館ロビー
料 金 無 料
休館日は毎週月曜日、祝日、7月17日(火曜日)、7月27日(金曜日)、8月31日(金曜日)です。

 

山茶碗

大府市の北東にあたる皆瀬川・高瀬川流域には、市内で最も古い10世紀の灰釉陶器を焼いた窯(高根山C古窯群)とその後に続く、最初の山茶碗を焼いた窯(高根山B古窯群)があります。


 

大府市灰釉陶器窯分布図

灰釉をかけなくなり、器面があら肌になる山茶碗製品の成立を知るのに重要な窯が、この皆瀬川・高根川流域で築かれました。ミニ展示ですが、灰釉陶器と最初の山茶碗が見比べることができます。

愛ヒスキャラクター2
大府市の他にも、県内の博物館・資料館で魅力的なやきものの名品に出会えます。ぜひおこしください。(詳しくは添付ファイルをご覧ください)

「愛知やきものヒストリー2018」ポスター

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

資料館駐車場案内


■ お問い合わせ先

歴史民俗資料館 
電話番号0562-48-1809 ファックス番号0562-44-0033 メールアドレス