ページの先頭です


メニューの終端です。

平成30年住宅・土地統計調査を実施します。

[2018年7月4日] 印刷用ページを表示(新しくウィンドウが開きます)

調査の概要

住宅・土地統計調査は、国が実施する統計調査のうち、統計法(平成19年法律第53号)により特に重要なものとされる「基幹統計調査」として、昭和23年以来5年ごとに実施しており、今回の調査で15回目になります。

調査の対象

調査対象は、総務大臣が指定する、全国で約22万調査区の調査区内の約370万住戸・世帯です。

大府市においても全世帯のうち、概ね15分の1を抽出し、調査対象とします。

※調査対象になる可能性がある世帯へ、回覧板や、チラシの投函による事前のお知らせをさせていただきますが、抽出の結果、事前のお知らせがあった世帯でも、調査の対象にならないことがあります

調査の実施方法

平成30年9月中旬~平成30年10月中旬にかけて、調査対象に選定された世帯へ調査員がお伺いし、調査書類の配布・回収及び記入状況の確認を行います。

調査対象世帯の方のご都合に合わせて、回答方法を次からお選びいただけます。

  • インターネット回答

   調査員が配布する調査対象者IDを使用し、パソコン、スマートフォン、タブレット端末から回答してください。

  • 紙の調査票での回答

   調査員が配布する紙の調査票に必要事項を記入し、市役所へ郵送、または調査員へ渡してください。

調査基準日

平成30年10月1日現在の状況について調査します。

調査事項

  • 住宅等に関する事項(居住室数・広さ、所有関係、敷地面積、構造、建て方など)
  • 世帯に関する事項(世帯の構成(世帯人員数、性別、年齢など)、年間収入、通勤時間、入居時期など)
  • 住環境に関する事項(安全性、快適性など)
  • 現住居以外の住宅及び土地に関する事項

その他

かたり調査にご注意ください!!

 調査員は愛知県知事に任命されており、顔写真入りの「調査員証」を携行しています。

 調査員が金銭を要求したり、銀行口座を聞くことはありません。

 不審に思った際には、下記問い合わせ先にお知らせください。

結果の利用

調査の結果は以下のように利用されます。

  • 国や地方公共団体が作成する「住生活基本計画」の成果指標の設定
    (高齢者の居住する住宅のバリアフリー化率、省エネルギー基準達成率など)
  • 耐震や防災を中心とした都市計画の策定
  • 大学その他の研究機関等における都市・住宅・防災等の研究
  • 空き家対策条例の制定

総務省統計局(リンク)


■ お問い合わせ先

大府市 総務部 総務課
電話番号 0562-45-6271(庶務統計係)
ファックス番号 0562-47-7320
メールアドレス somu@city.obu.lg.jp