ページの先頭です


メニューの終端です。

平成30年度児童虐待防止シンポジウム

[2018年9月1日] 印刷用ページを表示(新しくウィンドウが開きます)
  • 日時 平成30年10月13日(土曜日)午後1時30分から午後4時00分
  • 場所 大府市役所地下多目的ホール
  • 参加費 無料
  • 申し込み 当日直接会場へ

就学前のお子さんを無料で託児しますので、気軽にご参加ください(要予約)

 

児童虐待防止シンポジウムチラシ

大府市では、児童の福祉や教育に携わる関係者および子育て中の保護者の児童虐待防止への意識を高めるため、毎年児童虐待防止シンポジウムを開催しています。

 本年度のシンポジウムのテーマは「みんなで守ろう、大切な命 ~子どもたちの笑顔のために、今できること~ 」

 基調講演は「生みの親から育ての親へ ~新しい家族、命のバトン~ 」です。

 子育てで悩んでいることはありませんか。児童虐待に関すること、地域での助け合いやつながり、子どもへの関わり方やしつけに関することなどについて一緒に考えていく機会にしましょう。シンポジウムでは、事前にいただいたご意見、ご質問などを、シンポジウム時間内にできる限り回答させていただく予定です。

内容

基調講演(午後1時40分から午後2時40分)

  • テーマ 「生みの親から育ての親へ ~新しい家族、命のバトン~ 」
  • 講師 萬屋育子氏(認定NPO法人CAPNA理事長)

シンポジウム(午後2時50分から午後4時)

テーマ 「みんなで守ろう、大切な命 ~ 子どもたちの笑顔のために、今できること ~ 」

コーディネーター 山崎嘉久さん(大府市要保護児童対策地域協議会会長)

シンポジスト

  • 萬屋育子さん(認定NPO法人 CAPNA 理事長)
  • 秋吉修一さん(知多福祉相談センター センター長)
  • 木村徹さん(虹の架け橋 会長、ファミリーホーム わが家 代表)

その他

 児童(老人福祉)センター・子どもステーションを利用している児童、親子からのメッセージが掲示されています。

ファックス・メールでのご参加

 子育てで悩んでいることはありませんか。児童虐待に関すること、地域での助け合いやつながり、子どもへの関わり方やしつけに関することなど、ご質問、ご意見をなどをお寄せください。

申し込み方法 

 ファックス、電子メール、郵送(直接子育て支援課にお持ちいただいても可)でお聞かせください。メールの場合は400字以内でお願いします。市民のみなさんの声についてシンポジウム時間内に出来る限り回答させていただく予定です。

締切 9月21日(金曜日)

ファックス送信先 0562-47-3150

メール送信先 kosodate@city.obu.lg.jp

郵送先 〒474-8701 大府市中央町五丁目70番地「大府市役所子育て支援課家庭児童相談係」

ファックス送信用紙

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

託児案内

就学前のお子さんを無料で先着15名まで託児します(要予約)

申し込み 9月3日(月曜日)から子どもステーションまたは子育て支援課で受付します。

問い合わせ 子どもステーション(電話:0562-44-4541)・子育て支援課(電話:0562-45-6229)


■ お問い合わせ先

福祉子ども部 子育て支援課 
電話番号0562-45-6229 ファックス番号0562-47-3150 メールアドレス