愛知県独自の緊急事態宣言を受けての岡村市長のメッセージ(4月10日)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1013842  更新日 2020年4月10日

印刷大きな文字で印刷

市民の皆さまへ

4月10日、愛知県知事から、新型コロナウイルス感染症拡大防止のための県独自の「緊急事態宣言」が発出されました。宣言の期間は、5月6日までとするもので、改めて、市民の皆さまには、国難ともいえる緊急事態にあるということのご理解をお願いします。
現時点におきまして、市内在住者から新型コロナウイルス感染症患者は確認されていませんが、近隣市町の状況を踏まえますと、本市におきましても感染症患者がいつ確認されてもおかしくない状況であると考えます。
本市は、2月に新型コロナウイルス感染症に係る「対策本部」を立ち上げ、関係機関と緊密な連携を図り、情報収集に努め、新型コロナウイルスの感染拡大の防止に全力で取り組んでおります。
これまでに小中学校の4月19日までの臨時休校、公民館、体育館等の屋内公共施設の5月10日までの休館、市が主催する多数が集うイベント等の当分の間の中止・延期など、市民の皆さまの安全を最優先にした対策を進めております。さらに今回の「緊急事態宣言」を受け、小中学校につきましては、5月6日まで臨時休校を延長し、グラウンド等の屋外公共施設につきましても4月11日から5月10日まで使用休止とします。ただし、小中学校の臨時休校期間中の自主登校教室は実施します。保育園につきましては、通常通り開園します。
市民の皆さまには、この「緊急事態宣言」により、4月7日に発出された国の緊急事態宣言の対象地域である東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、兵庫、福岡の7都府県方面への移動自粛に加え、愛知県内におきましても買い物、医療機関への通院など、日常生活の維持に必要な行動を除き、不要不急の外出を控えていただくようお願いします。人と人との接触機会を7割から8割減らすことができれば、この緊急事態を1カ月で脱出できるとの専門家の見通しもありますので、可能な限り移動を自粛してください。また、手洗いの徹底や咳エチケットなど引き続きの感染症対策の励行や、やむを得ず外出する場合も、「換気の悪い密閉空間」、「多数が集まる密集場所」、「近距離での会話や発声が行われる密接場面」の3つの密(条件)を徹底的に避けるように行動してください。
私たちができることは感染者数を増やさないための行動をとることです。市民の皆さまには、当分の間、ご不便やご負担をおかけしますが、ご自身を守るため、大切な人を守るため、そして地域を守るために正しい情報に基づき賢明な行動をとっていただきたいと思います。
国県市と皆さまが一丸となって、この緊急事態を乗り越えていけるよう、なにとぞこれまで以上のご協力をよろしくお願い申し上げます。

令和2年4月10日 大府市長 岡村秀人
 

このページに関するお問い合わせ

企画政策部 秘書人事課
電話:0562-45-6211
ファクス:0562-47-3070 
企画政策部 秘書人事課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。