緊急事態宣言の解除を受けての岡村市長のメッセージ(5月14日)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1014343  更新日 2020年5月14日

印刷大きな文字で印刷

市民の皆さまへ

 5月14日、国は愛知県に発出していた新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた「緊急事態宣言」について、5月31日までの期限を前倒しして、解除することを決定しました。市民の皆さま、事業者の皆さまには、不要不急の外出を控えていただくことや営業の自粛などにご協力をいただき、心より感謝申し上げます。
 また、「感染症に対する支援策などに役立ててほしい」と多くの個人、団体の皆さまから、寄付金を始め、マスク、消毒液や防護服などを寄付していただき、厚くお礼申し上げます。寄付金につきましては、感染症対策に必要な財源を確保するため新たに創設しました「新型コロナウイルス感染症対策基金」に積み立て、支援を必要としている人たちのために活用していきます。
 市といたしましても、市民の皆さまと事業者の皆さまの生命と生活を守るという使命の下、これまで感染症拡大の防止策や、支援を必要とする方への対策に全力で取り組んできました。小中学校の臨時休校、公民館、体育館等の屋内公共施設の休館、市主催のイベントなどの当分の間の中止・延期、水道料金の基本料金の免除、国の特別定額給付金の基準日を過ぎて生まれた子どもを対象とした「大府市臨時特別出産祝金」10万円の支給、小・中学校再開後の6月から8月までの給食費の無償化、国の雇用調整助成金の支給を受けた中小企業者に対する上乗せ補助金の交付、県の休業要請に応じた事業者に対する協力金の交付など、困っている方々の声に耳を傾け、スピード感を持って実行しています。
 「緊急事態宣言」の解除後も、感染リスクがゼロになるわけではなく、まだまだ予断を許さない状況です。5月14日に愛知県内で2人の感染者が発表されています。市といたしましては、引き続き感染防止策に万全の体制で取り組みながら、徐々に通常の生活を取り戻していくため、小中学校の再開、公共施設の開館などを、感染状況に注視しながら段階的に進めていきたいと考えております。併せて、その後のV字回復に向けた支援策をさらに、強力に、推し進めてまいります。
 市民の皆さまにおかれましては、感染症の再拡大を防ぐため、人と人との間隔の確保、マスクの着用や、手洗いの励行など、国が示している「新しい生活様式」の実践、そして新たに示された3つのお願い、「少しずつ、段階的にということ」、「前向きな変化はできる限り続けること」、「日常のあらゆる場面でウイルスへの警戒を怠らないこと」にご協力いただきますようよろしくお願い申し上げます。

 皆さま、笑顔を忘れないで頑張りましょう!

令和2年5月14日
大府市長 岡村 秀人

このページに関するお問い合わせ

健康文化部 健康増進課
電話:0562-47-8000
ファクス:0562-48-6667
健康文化部 健康増進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。