消防職員の感染を受けての岡村市長のメッセージ(8月11日)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1015049  更新日 2020年8月11日

印刷大きな文字で印刷

市民の皆さまへ

 8月11日、本市に勤務する消防職員1名が新型コロナウイルスに感染したことが判明いたしました。市民の皆様には、新型コロナウイルス感染症への感染拡大防止に多大なるご協力をいただいている中、本市職員への感染が判明いたしましたことは、誠に残念であり、皆様にご心配をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。

 感染が判明した消防職員の職場については、早速消毒を実施しました。また、濃厚接触の疑いがある職員については、自宅待機としております。これにより出動事案に対する支障や市民サービスの低下につながることはないものと判断しております。
これまでも、職員には、マスクの着用や手洗い、職場内の換気や消毒の徹底、シフト勤務や時差出勤などによる勤務時間の分散化、3密の回避、旅行や多数での会合・宴会の自粛など、公私を問わず、感染防止対策の徹底を指示して参りましたが、今後、改めて職員の感染防止対策を強化するとともに、職員の体調管理を徹底して参ります。

 全国的に、依然として多くの感染者が発生しており、本市においても8月10日までに22人の方の感染が確認され、予断を許さない状況が続いております。
今後も、市民の皆様の生命と生活を守るため、感染拡大防止対策に全力で取り組んで参りますので、ご理解とご協力をいただきますようお願いいたします。

令和2年8月11日
大府市長 岡村秀人

このページに関するお問い合わせ

健康文化部 健康増進課
電話:0562-47-8000
ファクス:0562-48-6667
健康文化部 健康増進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。