新型コロナウイルス感染と診断された場合や症状の疑いがある場合

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1015485  更新日 2022年10月6日

印刷大きな文字で印刷

発熱、風邪症状等で受診や相談をされる場合は、まずは電話でお問い合わせ下さい。

新型コロナウイルス感染と診断された場合

  1. 症状がある場合は、症状が出た日から7日間以上経過、かつ症状軽快から24時間以上経っていれば、検査なしで療養解除となります。また、無症状の場合は、検査で陽性が判明した日から7日間で療養解除となります。
    ※無症状の場合は、5日目に国の承認した抗原定性検査キットで陰性を確認した場合は5日間で療養解除となります。

  2. 無症状の方が途中で発症した場合は、発症日から7日間以上経過、かつ症状軽快から24時間以上の療養が必要になります。なお、症状により療養期間は延長する場合があります。

  3. 症状が悪化した場合は 知多保健所にご連絡ください。

 

愛知県 知多保健所
電話番号0562-32-1699
午前9時から午後5時30分まで
24時間体制の受診相談窓口電話
電話番号052-526-5887

 

濃厚接触者(同居のご家族)の方

陽性者の発症日(陽性者が無症状の場合は検体採取日)又は、陽性者の発症等により住居内で感染対策(※1)を講じた日のいずれか遅い方を0日目として、5日間待機(6日目解除)となります。(※2)
ただし、2日目及び3日目に国の承認した抗原定性検査キットを用いた検査で陰性を確認した場合や、PCR、抗原定量検査で3日目の陰性を確認した場合は、社会機能維持者であるか否かに関わらず、3日目から待機解除となります。

(※1)日常生活を送る上で可能な範囲での、マスク着用、手洗い・手指消毒の実施、物資等の共用を避ける、消毒等の実施などの対策を想定しています。
(※2)陽性者が検査時無症状で、その後待機期間中に発症した場合は、発症日を0日目として起算し直します。

待機期間の過ごし方

濃厚接触者の方は、感染者ではありませんが、新型コロナウイルス感染者と接触があった日の翌日から5日間は、行動の自粛と健康観察をお願いします。待機期間中は咳エチケット及び手洗いを徹底し、不要不急の外出は控えてください。なお、発熱などの症状がみられたら、かかりつけ医等に電話でご相談ください。かかりつけ医等を持たない場合や相談する医療機関に迷う場合は受診・相談センターにご相談ください。

待機期間について

 待機期間は、感染者と接触した最終日の翌日から5日間となります。
 ただし、社会機能維持者であるか否かに関わらず、検査で陰性が確認された場合は、待機期間を短縮することができます。(国の承認した抗原定性検査キットは2日目・3日目の陰性確認、PCR、抗原定量検査は3日目の陰性確認が必要です。検査費用は自己負担となります)
 なお、感染者と接触した最終日から7日間を経過するまでは、検温などご自身による健康状態の確認や、ハイリスク者との接触やハイリスク施設への不要不急の訪問、感染リスクの高い場所の利用や会食等を避けること、マスクを着用すること等の感染対策を行ってください。

 

受診・相談方法

  1. 発熱等の症状が生じた場合には、まずは、かかりつけ医等に電話で相談してください。
  2.  相談先が分からない場合や、かかりつけ医等で対応できない場合は「受診・相談センター」や「電話相談体制を整備した医療機関」へ電話相談してください。
  3. 電話相談で案内された医療機関に、事前に電話で連絡してから、医療機関の指示に従って受診してください。

 

発熱患者等外来受診フロー

医療機関に受診する際のお願い

  • 発熱、風邪症状等で医療機関を受診する際は、まずは電話でお問い合わせください。
  • 複数の医療機関を受診することにより感染を拡大した例がありますので、複数の医療機関を受診することはお控えください。
  • 受診する際には、マスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖・肘の内側を使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。

日頃から心がけていただきたいこと

  • 発熱等の風邪症状が見られるときには、学校や会社を休み外出を控える。
  • 発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録しておく。

受診・相談センター / 診療・検査医療機関の指定

感染が疑われる場合は外出を控えましょう。

受診の際は、必ず事前に電話予約の上、医療機関の指示に従って受診してください。

かかりつけ医または「受診・相談センター」、「電話相談体制を整備した医療機関」に電話連絡し、対応について相談してください。

休日・夜間のこどもの症状について

保護者の方が、休日・夜間のこどもの症状にどのように対処したら良いのか、病院を受診した方がよいのかなど判断に迷った際には、【#8000】を電話でプッシュすることにより、小児科医師・看護師へ相談することができます。お子さんの症状に応じた適切な対処の仕方や受診する病院等のアドバイスを受けることができます。

関連情報

このページに関するお問い合わせ

健康未来部 健康増進課
電話:0562-47-8000
ファクス:0562-48-6667
健康未来部 健康増進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。