新型コロナウイルス感染者増加を受けての岡村市長のメッセージ(11月6日)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1015899  更新日 2020年11月6日

印刷大きな文字で印刷

 11月になり、本格的に寒くなり、空気が乾燥する季節に入りました。これから、新型コロナウイルス感染症と季節性のインフルエンザとの同時流行が懸念されます。

 10月には、愛知県内でクラスターが発生し、日々感染者数が増加していることから注意が必要です。県内の感染者数は9月末時点で5,375人、11月5日時点で6,548人でした。この約1カ月で1,000人以上増加しています。特に、10月28日に1日あたりの感染者数が2カ月ぶりに50人を超えて以降、感染者数が増加傾向にあり、大村知事からも「第3波が来たと受け止めている」との言葉がありました。大府市内においても、9月末までに29人の感染者が確認されていましたが、11月5日までに、新たに11例の感染者が確認され、累計感染者数が40人となりました。10月に入り、一気に感染者数が増加しており、予断を許さない状況です。

 これからの季節は、クリスマスや年末年始など、多くの人が集まり、楽しい時間を過ごす機会が増えます。大人数で閉鎖された空間に集まり、飲食などをともにすることは感染の危険性が非常に高まります。今一度、感染の危険性を理解し、決して気を緩めることなく、適切な感染予防の行動をとってください。

 PCR検査については、市内医療機関でも検査を受けられる体制が整いつつあります。発熱や風邪の症状がある場合は、まずはかかりつけ医に電話で相談し、受診方法について指示を仰ぎ受診するようにしてください。かかりつけ医を持たない場合などは、これまで保健所に開設されていた相談窓口が「帰国者・接触者相談センター」から「受診・相談センター」に改められていますので、そちらに相談してください。詳しくはウェブサイトでも案内されていますので、ぜひご確認ください。

 家族、友人、同僚、従業員、そして皆さま自身を守るのは、私たち一人ひとりの心構えと行動にかかっています。「感染しない、感染させない」を合言葉に、オール大府でこの冬をしっかり乗り切っていきましょう。

令和2年11月6日
大府市長 岡村秀人

このページに関するお問い合わせ

健康文化部 健康増進課
電話:0562-47-8000
ファクス:0562-48-6667
健康文化部 健康増進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。