コロナ禍における年末年始の過ごし方についての岡村市長のメッセージ(12月25日)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1016756  更新日 2020年12月25日

印刷大きな文字で印刷

 2020年も残りわずかとなりましたが、新型コロナウイルス感染者数は日々、過去最多を更新している状況で、収束の見通しはいまだ立ちません。
 県内では、10月後半から急速に感染者数が増加し、12月24日までの累計感染者数は14,940人です。12月だけで4,811人もの感染者が確認されており、これは1カ月の感染者数としては、過去最多です。大府市内の12月の感染者数も現時点で既に過去最多となる27人が確認されており、これは11月の約2倍の数字です。

 これから年末年始の休みに入りますが、大村知事が県民に向けたメッセージにもあるように、「不要不急の行動自粛」「県をまたぐ不要不急の移動自粛」「初詣等行事の対策徹底」に努め、大人数の忘年会、新年会は自粛してください。帰省や旅行は延期も含めて慎重にご検討をお願いします。カウントダウンイベントや初詣などに参加する場合は感染対策の徹底をお願いします。年末年始は極力、家族などいつも一緒にいる人と静かに「stay home」で過ごしましょう。

 年末年始の休み中に発熱や風邪の症状が出た場合は、まずはかかりつけ医に電話で相談してください。かかりつけ医が休みの場合や、かかりつけ医を持たず、受診先に迷う方は「受診・相談センター」にご相談ください。12月31日から1月3日までは、午前中のみ休日当番医に相談ができますので、当番医の指示を受けてください。受診・相談センターや休日当番医の連絡先は広報おおぶ1月号または市ウェブサイトに掲載していますのでご確認ください。

 世界の一部の国ではワクチン接種が始まり、国内においても薬事承認に向けた動きが進んでいます。ワクチンが承認された場合には、医療従事者や高齢者など優先順位を決めて速やかに接種が行えるよう、国、県と連携して体制整備に努めてまいります。

 命を守るため医療現場の最前線で闘っている医療従事者の方々や市民生活の維持のための業務に従事されている方々に心から感謝を申し上げます。「感染しない、感染させない」この言葉を私たち一人一人が心掛けて生活することが、支えてくれる方々への何よりの支援となります。今一度、感染対策を徹底して年末年始をお過ごしいただきますよう、お願い申し上げます。

令和2年12月25日
大府市長 岡村秀人

このページに関するお問い合わせ

健康未来部 健康増進課
電話:0562-47-8000
ファクス:0562-48-6667
健康未来部 健康増進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。