緊急事態宣言の解除を受けての岡村市長のメッセージ(令和3年3月1日)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1017231  更新日 2021年3月1日

印刷大きな文字で印刷

 県内における新型コロナウイルス感染症の新規陽性者数や入院患者数は減少傾向にあることから、政府は、愛知県に発出していた緊急事態宣言について、2月28日をもって解除しました。しかし、愛知県は感染の再拡大を防止するため、3月1日から14日までの期間、「厳重警戒措置」により、必要な対策を継続することを表明しました。

 市内では、2月の新規陽性者数が31人を数え、累計陽性者数が200人を超えました。特に高齢者の感染が多く発生しており、70歳代以上の方が3分の1を占めております。症状が重い方も増えており、2月17日には市内在住の80歳代の方が亡くなられたことを愛知県が発表しました。このような状況を受け、大府市では、市内の公共施設の利用時間を午後8時までとする制限について、愛知県の「厳重警戒措置」の期限に合わせ、3月14日まで継続することを決定しました。

 これからの季節は、人の流れが活発化します。小中学校の卒業式、入学式などの行事は感染防止対策を徹底した上で、慎重に行っていく予定です。市民の皆さま、事業者の皆さまにおかれましては、歓送迎会、お花見などの会食は自粛し、卒業旅行などは控えていただきますよう、お願いいたします。緊急事態宣言は解除されましたが、気を緩めることなく、引き続き緊張感を持って、基本的な感染防止対策に取り組んでいただきたいと思います。

 ワクチン接種について、大府市では医療機関で行う「個別接種」と市が会場を設定して行う「集団接種」の併用で実施していく予定です。現在、国、県、関係機関と連携しながら、接種体制の構築を進めており、3月1日には「集団接種」の模擬訓練も実施しました。現状では、ワクチン供給の見通しが不透明なため、接種や予約の開始時期をお示しできませんが、供給量が分かり次第、広報紙、市公式ウェブサイト、市公式LINEアカウントなどでお知らせします。また、3月8日に大府市ワクチンコールセンターを開設し、ワクチンに関する相談を受け付けます。不明な点やご心配な点がございましたらご連絡ください。

 「感染しない、感染させない」という強い意志を持って「オール大府」で、この難局を乗り越えていきましょう。

令和3年3月1日
大府市長 岡村秀人

このページに関するお問い合わせ

健康未来部 健康増進課
電話:0562-47-8000
ファクス:0562-48-6667
健康未来部 健康増進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。