リバウンド防止に向けた岡村市長のメッセージ(令和3年4月7日)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1017733  更新日 2021年2月3日

印刷大きな文字で印刷

 愛知県の新型コロナウイルス感染者数は、1月をピークに減少傾向にありましたが、4月に入り1日に100人を超える日が続き、増加傾向にあります。加えて4月5日までの直近一週間で変異株検査を受けた人のうち、変異株に感染していた人は約4割に上っていることから、大村知事は「第4波の入り口にさしかかっている」と危機感を強め、県民に感染対策の徹底を呼び掛けています。
 大府市の感染者数も、3月下旬から増え始め、4月は既に13人の感染が確認されています。そのうち10代から30代が10人と大半を占めており、若い世代の感染拡大が懸念されます。歓送迎会やゴールデンウィーク中の旅行、大人数での会食などは自粛していただきますよう、お願い申し上げます。
 新型コロナウイルスによる制限された生活が1年以上たち、自粛、我慢の日々が続きますが、一人一人が自覚を持ち、感染対策を徹底し、何としてもこの危機を乗り越えなければなりません。引き続き皆さんのご協力をお願い申し上げます。
 大府市では、4月25日から、75歳以上の方を対象としたワクチン接種を開始します。近日中にクーポン券を送付いたしますので、同封のチラシをよく確認して、お申し込みください。
 大府市のワクチンの供給量は、当初は約2000回分とわずかではありますが、今後、供給量が増えてくると見込んでいます。供給量が分かり次第、広報紙や市公式ウェブサイトなどでお知らせします。
 「感染しない、感染させない」という強い意志を持って「オール大府」で、この難局を乗り越えていきましょう。
 

令和3年4月7日
大府市長 岡村秀人

このページに関するお問い合わせ

健康未来部 健康増進課
電話:0562-47-8000
ファクス:0562-48-6667
健康未来部 健康増進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。