緊急事態宣言期間中の感染対策徹底について岡村市長のメッセージ(令和3年5月11日)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1018092  更新日 2021年5月11日

印刷大きな文字で印刷

 全国で、新型コロナウイルス感染者数が急増しており、愛知県も5月12日から5月31日までの期間、緊急事態宣言の対象地域に加えられました。
 愛知県の新型コロナウイルスの感染状況は、5月8日に1日の感染者数としては最多となる575人の感染が確認されるなど、感染者数の増加に歯止めがかからない状況です。
 大府市の感染者数は、今年に入り1月は88人、2月は31人、3月は13人と減少しましたが、4月には88人、5月は、10日現在で25人の感染が確認されており、さらなる感染拡大を非常に危惧しております。
 特に、従来よりも感染力が強いと懸念されている変異株ウイルスによる感染拡大は脅威で、5月6日の愛知県の発表によると、新型コロナウイルス感染者334人に変異株PCR検査を実施したところ、変異株の感染者数は269人で、その割合は80.5%にもなりました。また、従来型が主流だった第1波から第3波の時に比べ、変異株感染者に占める子どもの割合が大きくなっていることから、子どもたちへの感染拡大にも注意しなければなりません。
 市民の皆さまにおかれましては、現在の危機的状況を自分事と捉え、日々の生活を改めて見直していただき、感染対策を徹底していただきますよう、お願いいたします。
 ワクチン接種については、既に、75歳以上の方を対象に集団接種を開始しております。現状では多くの方が接種を希望しながらも予約が取れない状況が続いておりますが、5月17日からは、市内35の医療機関や国立長寿医療研究センターでの個別接種の予約受付を開始します。また、豊明市の藤田医科大学病院に開設する大規模接種会場での大府市民の接種に向けて現在、県と調整を進めております。これらにより、65歳以上で接種を希望するすべての高齢者の2回接種を7月中に終えたいと考えております。しばらくは予約受付の電話やウェブサイトにつながりにくい状況があるかと思いますが、希望される市民の皆さまが、必ずワクチン接種を受けられるよう体制を整えてまいりますので、ご理解いただきたいと思います。
「感染しない、感染させない」という強い意志を持って「オール大府」で、この難局を乗り越えていきましょう。

令和3年5月11日
大府市長 岡村秀人

このページに関するお問い合わせ

健康未来部 健康増進課
電話:0562-47-8000
ファクス:0562-48-6667
健康未来部 健康増進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。