緊急事態宣言からまん延防止等重点措置への移行を受けての市長メッセージ(令和3年6月21日)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1018682  更新日 2021年6月21日

印刷大きな文字で印刷

 国は、愛知県に対する緊急事態宣言を6月20日をもって解除し、6月21日から7月11日まで、まん延防止等重点措置へ移行しました。大府市は、愛知県が定める重点措置を講じるべき区域の対象外とされましたが、本市の新型コロナウイルス感染者数はまだまだ予断を許さない状況にあり、市民の皆さまにおかれましては、引き続き感染対策を徹底していただきますよう、お願いいたします。

 新型コロナウイルス感染症克服の鍵を握るワクチン接種については、65歳以上の高齢者の半数以上が1回目の接種を終え、順調に進んでおります。64歳以下の方への接種券発送も順次進めており、7月中旬までには接種対象の全年代に発送を終える予定です。年代別のクーポン券の発送予定日を一覧にまとめましたので、後ほどご覧ください。市では、接種を希望する方が速やかに予約できるよう、市内38の医療機関にご協力いただいているほか、藤田医科大学病院や国立長寿医療研究センターにも協力を要請し、接種枠の確保に努めています。また、職域接種を実施する市内企業もあるように聞いておりますので、ご希望の方法で接種をしていただきますよう、お願いいたします。

 なお、ワクチン接種は強制ではありません。本人や保護者の同意によって実施しております。厚生労働省などが接種の効果や副反応などについてウェブサイトで公表していますので、正確な情報を参考にして、接種をご検討ください。また、接種をしないことによって差別的な取扱い、誹謗中傷することのないようお願いいたします。
 「感染しない、感染させない」という強い意志を持って「オール大府」で、この難局を乗り越えていきましょう。

令和3年6月21日
大府市長 岡村秀人

このページに関するお問い合わせ

健康未来部 健康増進課
電話:0562-47-8000
ファクス:0562-48-6667
健康未来部 健康増進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。