感染者急増を受けての岡村市長のメッセージ(令和4年1月14日)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1021398  更新日 2022年1月14日

印刷大きな文字で印刷

 新型コロナウイルス感染症の陽性者数は、オミクロン株への置き換わりが進む中、愛知県では1月13日に昨年9月10日以来の千人超えとなる1036人が確認されました。本市においても、1月に入り陽性者数が急増しており、13日に14人の陽性者が確認されました。1月の陽性者を年代別に見ると、20歳代、30歳代の全体に占める割合が約6割となっていますが、高齢の方の感染事例も確認されています。オミクロン株を中心とした感染拡大は、これまでに経験したことのない速さで広がっており、感染者はさらに増えていくのではないかと危惧しております。

 感染拡大に伴い、本市としては、今後開催予定のイベントの中止や延期、規模縮小をするとともに、体育館、バーベキュー場、公民館などの公共施設の利用制限をお願いせざるを得ない状況になっていると判断いたしました。

 感染予防対策の有効な手段となる新型コロナワクチンの3回目接種について、国や県は、当初8カ月としていた接種期間を65歳以上の方は6カ月、64歳以下の方は7カ月とする方針を発表しました。現在の本市の接種状況は、医療従事者への接種が1月29日までに完了する予定で、65歳以上の方への接種も既に開始しております。政府などの方針を受け、当初の予定をできるだけ前倒して進めており、接種場所も、1,2回目接種と同様に、集団接種、市内医療機関による個別接種、国立長寿医療研究センター、藤田医科大学病院での接種など、様々な場所で接種できるようにしております。新型コロナワクチンは、感染や重症化の予防効果が高まると報告されています。自分のため、みんなのため、接種をお願いします。

 また現在、感染の主流となっているオミクロン株に対しても従来からの基本的な感染対策が有効とされていますので、「不織布マスクの着用、手洗い、手指消毒の徹底、三密の回避、効果的な換気の徹底」をお願いします。
新しい年を迎えて、市民の皆様には、外出する機会も増えてくることと思いますが、混雑した場所や感染リスクが高い場所を避けていただき、会食などする場合は、会話の際にはマスクをつけ、大声での会話や過度な飲酒を控えるなど、感染防止対策の徹底をお願いいたします。

 オミクロン株については、まだまだ不明な点も多いため、決して油断することなく市民の皆様と一緒に「オール大府」でこの難局を乗り切ってまいりたいと考えておりますので、ご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。

令和4年1月14日
大府市長 岡村秀人

関連情報

このページに関するお問い合わせ

健康未来部 健康増進課
電話:0562-47-8000
ファクス:0562-48-6667
健康未来部 健康増進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。