接種証明書(ワクチンパスポート)の発行申請について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1018850  更新日 2022年1月5日

印刷大きな文字で印刷

新型コロナワクチンの接種証明は以下の3つがあります。

1.【国内用のみ】接種済証又は接種記録書

接種済証又は接種記録書

 いずれかの接種証明をお持ちで、海外への渡航を予定していない方は、接種証明書(ワクチンパスポート)の発行申請は原則不要です。紛失や破損等でお手元にない方で接種証明を必要としている方は、2.電子版又は3.書面版の接種証明書(ワクチンパスポート)の発行を申請をしてください。

 ※これらの接種証明には、以下の項目が記載されている必要があります。
  (1)氏名 (2)生年月日 (3)住所 (4)ワクチンの種類 (5)接種年月日 (6)メーカー/ロット番号

2.【国内用又は海外用】接種証明書(電子版)(ワクチンパスポート)

 スマートフォン上の専用アプリから、マイナンバーカードを利用して申請していただくと、スマートフォン上で二次元コード付き接種証明書(電子版)が発行されます。「日本国内用」と「海外用及び日本国内用」のどちらかの接種証明書(電子版)が、スマートフォン上で表示されます。
 発行方法は以下のリンクからご確認ください。
 

3.【国内用又は海外用】接種証明書(書面版)(ワクチンパスポート)

接種証明書(書面版)

 大府市から二次元コード付き接種証明書を書面で発行します。

 (1)又は(2)のどちらかの方法で申請してください。

(1)申請書類を郵送

【郵送先】 〒474-0035 大府市江端町4-2 健康増進課(保健センター内)

(2)申請書類を窓口に持参

  • 健康増進課(大府市江端町4-2、保健センター内)
  • 市民課(大府市中央町5-70、大府市役所内)

 

申請書類

「日本国内用」か「海外用及び日本国内用」の2種類から選択いただきます。ご希望の証明書によりご準備いただく書類が異なります。

(1)新型コロナウイルス感染症予防接種証明書交付申請書

(2)氏名と住所の記載された本人確認書類の写し(運転免許証、健康保険証、在留カード等)

(3)新型コロナワクチン接種済証又は接種記録書の写し

(4)【「海外用及び日本国内用」のみ】旅券(パスポート)の写し

-----------------場合によっては必要な書類-----------------

(5)【代理人による申請や受取の場合】委任状

(6)【郵送の場合】返信用封筒(宛名明記、切手貼付)

(7)【「海外用及び日本国内用」のみ】旅券に旧姓・別姓・別名(英字)の記載がある場合は、旧姓・別姓・別名が確認できる本人確認書類の写し

交付方法

申請受付後、概ね1週間以内に健康増進課窓口(保健センター内)で交付又は郵送で送付します。交付にかかる費用は無料です。

ワクチンパスポートが使用可能な国及び地域

ワクチンパスポートが使用可能な国及び地域については、外務省海外安全ホームページに情報が掲載されておりますので、以下のリンク先よりご確認ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

健康未来部 健康増進課
電話:0562-47-8000
ファクス:0562-48-6667
健康未来部 健康増進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。