妊婦の方に対する新型コロナワクチン接種について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1020081  更新日 2021年10月5日

印刷大きな文字で印刷

市内で健診している妊婦の方は、健診先の医師に相談してワクチン接種してください。

愛知県では、妊婦(夫又はパートナーを含む)に対するワクチン接種を進めていく取組を実施しています。

妊婦(夫又はパートナーを含む)に対し、県の大規模集団接種会場において、予約の有無に関わらず、ワクチンの優先的接種の機会を提供しています。

なお、藤田医科大学病院での一回目接種の終了日は、10月24日(日曜日)です。

県の大規模集団接種会場での接種について

(1)前提条件

 接種に当たっては、あらかじめ健診先の医師に接種について相談をしてください。

※医師の承諾文書の提出は不要ですが、予診時の確認のため、当日は母子手帳やお薬手帳等を ご持参ください。

(2)当日持参いただくもの

大府市から送付された接種券及び予診票

母子手帳(当日、予診の際に確認させていただきます。手帳交付前の場合は不要です。)

お薬手帳(お持ちの方)

(3)その他(注意事項等)

2回目の接種については、原則として、同会場にて、4週間後の同じ曜日に受けていただくことになります。

接種を受けるにあたり、予約の有無は問いません。

※使用ワクチンはモデルナ製ワクチンです。

このページに関するお問い合わせ

健康未来部 健康増進課
電話:0562-47-8000
ファクス:0562-48-6667
健康未来部 健康増進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。