住所を変更された方へ(転入・転居・転出)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1023295  更新日 2022年8月16日

印刷大きな文字で印刷

転入・転居・転出により住民票の住所を変更された方への予診票に関するお知らせ

 住民票の住所を変更をされた方の新型コロナウイルスワクチンの予診票(接種券)にかかる手続きは、以下のとおりです。

大府市に転入された方

 大府市外から大府市へ住民票の住所を変更された方で、ワクチン接種を希望される場合は、大府市が発行する予診票が必要となりますので、以下の該当するページをご確認のうえ、申請手続きをお願いいたします。

初回接種(1・2回目接種)

  • 5歳から11歳の方
  • 12歳から15歳の方
  • 16歳以上の方

追加接種(3回目接種)

  • 2回目接種から原則5カ月以上経過した12歳以上の方

追加接種(4回目接種)

3回目接種から原則5カ月が経過した次の方が対象となります。

  • 60歳以上の方
  • 18歳以上59歳以下で、基礎疾患をお持ちの方
  • 18歳以上59歳以下で、医師に重症化リスクが高いと判断された方
  • 18歳以上59歳以下の医療従事者又は高齢者施設の従事者
  • 18歳以上59歳以下のあん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、重症化リスクが高い障害児と接する特別支援学校の教職員

大府市内で転居された方

 大府市内で住民票の住所を変更された方は、変更された時期によって、予診票に記載されている住所が変更前の住所の場合がございますが、ワクチン接種にご利用いただけます。

大府市外へ転出された方

 大府市から大府市外へ住民票の住所を変更された方で、ワクチン接種を希望される方は、転出先(変更後の住所)の自治体から発行される予診票が必要です。
 発行等の手続きについては、各自治体により運用が異なりますので、転出先の自治体にお問い合わせください。
 

このページに関するお問い合わせ

健康未来部 健康増進課
電話:0562-47-8000
ファクス:0562-48-6667
健康未来部 健康増進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。