映画制作等事業交付金

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1009710  更新日 2019年3月29日

印刷大きな文字で印刷

大府市を舞台に映画制作を行う団体に対し、交付金を交付します。

 大府市の魅力を発信するため、大府市を舞台とした映画制作をする事業を行う市内団体に、予算の範囲内で100万円を上限に交付金を交付します。

申請期間

2019年4月1日(月曜日)から5月31日(金曜日)まで

対象となる団体

応募できる団体(法人格の有無を問わない。)は、次の要件をすべて満たす必要があります。

  •  営利を目的としない団体であること。
  •  市内に事務所又は活動拠点(団体の所在地)を有し、市民の自主的な参加により自発的に行われる活動を市内で継続的に行っているか、又はこれから行う予定の団体であること。
  •  団体の運営に関する規則(規約、会則等を含む。)及び会員名簿があり、団体及び実施する事業の責任者が特定できること。
  •  3人以上の会員で組織していること。
  •  事業の総制作費を管理し、制作に係る経理事務及び活動を統括していること。
  •  予算及び決算を適正に行っており、事業の成果報告及び会計報告ができる能力を有していること。
  •  事業を遂行できる能力又は実績を有していること。
  •  宗教の教義を広め、儀式行事を行い、及び信者を教化育成することを主たる目的とする団体でないこと。
  •  特定の公職(公職選挙法(昭和25年法律第100号)第3条に規定する公職をいう。)にある者若しくはその候補者又は政党を推薦し、支持し、若しくはこれらに反対することを目的とする団体でないこと。
  •  暴力団(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団をいう。以下同じ。)又はその構成員(暴力団の構成団体の構成員及びその構成員でなくなった日から5年を経過しない者を含む。)の統制の下にある団体でないこと。

対象となる事業

交付金の交付の対象となる事業は、次のとおりです。

  • 本市の魅力をより多くの市民と共有するため、本市を舞台とした映画を制作する事業であること。
  • 映画は、本市に係る事項が取り扱われていると容易に認識することが可能なもので、本市の様々な魅力を広く発信でき、本市の知名度や市民の満足度が高まるなど、具体的な効果又は成果が期待できる事業であること。
  • 2019年度中に映画制作が完了し、制作した映画を2019年度又は2020年度に上映又は放映する事業であること。
  • 公益的な事業であり、特定の個人又は団体のみが利益を受ける事業でないこと。

なお、事業の対象期間は、2019年4月1日から2020年3月31日までで、1団体につき1回の応募となります。

対象とならない事業

  • 宗教活動又は政治活動を目的とする事業
  • 公序良俗に反する等社会的非難を受けるおそれのある事業
  • 本市の他の交付金、助成金、補助金制度(例:大府市文化活動事業補助金、大府市協働企画提案事業交付金等)を受けて実施する事業

補助の対象となる経費

事業に要する費用のうち、制作企画(企画脚本、シナリオハンティング等)に関する費用、制作スタッフ・キャスト(募集・オーディションも含む)に関する費用、制作(撮影、照明、ロケーションハンティング、ロケーション、美術、特殊撮影、音楽、録音、編集、仕上、字幕制作、ナレーション制作、音声ガイド制作等)に関する費用、制作発表に関する費用で次に定める経費です。

対象経費
項目 内容
報償費 監督、演出、脚本、照明技師、録音技師、助手、解説者、カメラマン、編集者、デザイナー、監修者、ヘアメイク、スタイリスト、警備員、ドライバー、CG技術者、アニメーション制作者、字幕制作関係者、ナレーション制作関係者、翻訳家、俳優、声優、エキストラ、音楽家等の映像制作関係者等への謝礼費
旅費 鉄道運賃、航空運賃、宿泊費(市内に宿泊したものに限る)等
需用費 消耗品費(撮影メディア費(カード、HDD、ネガフィルム、ラッシュ、マスターポジ、デュープネガ等)、録音テープ代、インサート素材費、撮影のセットに必要な物品費、配布グッズ費等)、印刷製本費(台本印刷費、現像費、制作発表資料印刷費、ポスター・チラシ印刷費等)、食糧費(撮影等に伴う制作スタッフ・キャスト等の市内飲食店での飲食費に限り、アルコール類にかかる経費や団体会員の飲食費は除く。))
役務費 通信運搬費(郵送料等)、手数料(振込手数料、道路使用許可に係る費用、機材等運搬費、録音関連費、映倫審査料、配給宣伝費、保険料等)
使用料及び賃借料 使用料(会場使用料、機材等使用料、衣装使用料、原作使用料、映像等使用料、音楽等使用料、有料道路通行料、駐車場使用料等)、賃借料(レンタカー費、機器レンタル料等)
委託料 映画制作等に関する委託料(事業のすべてを委託することは不可。)
その他の経費 その他市長が必要と認める経費

 

補助の対象とならない経費

  • 団体の運営管理に関する経費(役員及び会員の人件費、事務所維持費、事務所電話代等)
  • 団体の財産になりえる経費(パソコンやカメラ等の機器購入費、事務機器・事務用品等の購入・借用費等)
  • 社会通念上、公的な資金で賄うことがふさわしくない経費(交際費、接待費、レセプション・パーティーに係る経費、打ち上げ費、航空・列車運賃の特別料金(ファーストクラス料金、グリーン車料金等)等)
  • 制作した映画の上映や放映など公開に関する経費
     

交付金の額

  • 交付金の額は、対象となる経費の合計額の2分の1の額(その額に1,000円未満の端数があるときは、切り捨て)とし、100万円を上限とします。
  • 応募多数の場合、採択されないこともあります。
  • 採択された場合においても、交付金の額を減ずることがあります。
     

申請方法

4月1日(月曜日)から5月31日(金曜日)までに所定の申請用紙に必要事項を記入し、文化振興課までご提出ください。

※申請用紙は、文化振興課窓口または同ページ内からダウンロードできます。また、文化振興課窓口にて、「大府市映画制作等事業交付金対象事業募集要項」をお渡ししております。ご利用ください。

選考方法・選考基準

  • 書類審査で選考します。応募書類受領後、事業概要等について、ヒアリングを行うことがあります。
  • 審査により、見積もりの妥当性が低い等、申請内容が不適正と判断された項目については、減額をする場合があります。
  • 次の視点から選考します。
  1. 公益性(自らや特定の団体のためではなく、広く社会的価値の共有のために行うものになっているか。また、バリアフリーなど誰もが鑑賞できる映画となるよう配慮されているか。)
  2. 実現性(具体的で実施可能な計画か。実績や人的・物的能力は事業実施に不足ないか。)
  3. 連携性(市内企業や商店、団体、住民等と連携しているか。)
  4. 知名度、市民満足度の向上への貢献(大府の魅力を的確に捉え、それを活かせる視点やストーリー、演出となっているか。)
  5. 発信力(映像を活用したプロモーション展開において、市内外に情報が届くことが期待できるか。)

交付金の交付

  • 審査の結果は後日、大府市映画制作等事業交付金交付決定通知書(不採択の場合は、その旨の通知)により応募団体の代表者に通知いたします。
  • 交付の条件の一つとして、制作した映画を市等が主催する催事で上映する場合は、無償で使用できるようにしてください。
  • 交付金は、大府市映画制作等事業交付金交付決定通知書に基づき、市に請求書を提出することにより交付されます。
     

事業の計画の変更

基本的に計画の変更はできません。ただし、やむをえない事情により変更が必要な場合は、大府市映画制作等事業交付金変更申請書を市長に提出し、その承認を受ける必要があります。

事業完了後

事業が完了したときは、完了した日から30日以内又は2020年3月31日のいずれか早い日までに次の書類を作成し提出してください。

  1. 実績報告書
  2. 事業成果書
  3. 収支決算書及び対象経費に係る領収書の写し(宛名に正式な団体名が記載されている領収書等、支出の証拠となる書類を添付してください。領収書は、2019年4月1日~2020年3月31日に発行されたもので、但書等で支払い内容が明示されているようにしてください。)
  4. 事業実施に当たり作成し、又は配布したパンフレット、チラシ、ポスター 等参考となる資料(任意様式)
  5. 事業の実施状況が分かる写真(任意様式)
  6. 制作された映画が収録された記録媒体(DVD)
  7. 制作された映画の上映、放映、配信等の予定資料(任意様式)
  8. その他事業の参考となる資料(任意様式)

なお、事業が予定通り実施できなかった場合は、交付決定額を変更することがあります。
 

交付金の取り消し

次の場合は、交付金の一部又は全部を取り消すことがあります。また、交付金が交付された後に次の事項が判明した場合は、交付金の返還を求めることがあります。

  • 交付決定通知書に付した条件又は市長の指示に違反したとき。
  • 交付金を交付の目的以外に使用したとき。
  • 事業を中止または廃止したとき。
  • 提出された申請書などの内容が、虚偽であったとき。
  • 事業に関する申請、報告、執行等について不正な行為があったとき。
  • 期日までに、実績報告書が提出されなかったとき。
  • 法令に違反する行為を行ったとき。

要綱・様式等

大府市映画制作等事業交付金交付要綱や関連様式をダウンロードすることができます。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

健康文化部 文化振興課
電話:0562-45-6266
ファクス:0562-47-2888
健康文化部 文化振興課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。