令和3年度 おおぶシネマパラダイス

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1017124  更新日 2022年1月14日

印刷大きな文字で印刷

イベントカテゴリ: 催し・祭り 文化・芸術

映画上映会スケジュール
  実施日  作品名 劇場公開年 上映時間
 第1回

9月5日(日曜日)中止になりました

赤毛のアン 2017

89分

 第2回

12月12日(日曜日)終了しました

潮騒

1964 82分
第3回

令和4年3月27日(日曜日)

ふたりの桃源郷 2016 87分
ふたりの桃源郷
ふたりの桃源郷 
開催日

2022年3月27日(日曜日)

開催時間

午後2時 から 午後3時30分 まで

開催場所

大府市歴史民俗資料館常設展示室2階映画コーナー 

対象

一般

内容

昭和の作品を中心に、あらゆるジャンルの映画を常設展示室2階映画コーナーで上映します。

※この上映会は、おおぶ一生元気ポイント2021対象事業です。

令和3年度企画展「霊峰御嶽山-山と生きる- 栄馬智太郎写真展」関連事業

「ふたりの桃源郷」

「山」で暮らす夫婦と、支える家族
誰もが自分や家族に重ねずにはいられない、
25年間の貴重なドキュメント。

山口県のローカル放送局・山口放送が、ある夫婦と彼らを支える家族の姿を足かけ25年にわたり追いかけたドキュメンタリー。

山口県岩国市美和町の山奥で暮らす田中寅夫さん・フサコさん夫妻。二人が、電気も電話も水道も通っていないこの山で暮らすのには、ある理由がありました。山は、戦後まもなく一からやり直そうと自分たちの手で切り開いた大切な場所。高度経済成長期に大阪へ移住し、三人の子供たちを育て上げた寅夫さんとフサコさんでしたが、夫婦で還暦を過ぎた時、「残りの人生は夫婦で、あの山で過ごそう」と、思い出の山に戻り、第二の人生を生きる道を選んだのでした。畑でとれる季節の野菜、湧き水で沸かした風呂、窯で炊くご飯…かけがえのない二人の時間に、やがて「老い」が静かに訪れます。山のふもとの老人ホームに生活の拠点を移した後も、山のことが心から離れない二人。離れて暮らす家族の葛藤と模索。そして夫婦亡き後、残された家族に〈芽生えた〉ものとは――?そこには、現代における“幸せの形”のヒントがありました。

申し込み締め切り日

2022年3月24日(木曜日)

申し込み

必要

3月2日(水曜日)から直接歴史民俗資料館か電話で申し込み。

申し込みは、お一人様3名までです。(市内在住が条件となります)

定員
50名
料金
無料

イベント情報をiPhone・iPad端末のカレンダーに取り込むことができます。
カレンダーへの取り込みについて説明を読む

このページに関するお問い合わせ

歴史民俗資料館
電話:0562-48-1809
ファクス:0562-44-0033
歴史民俗資料館へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。