企画展 【発掘 桶狭間の戦い】

ページ番号1008856  更新日 2019年3月15日

印刷大きな文字で印刷

イベントカテゴリ: 文化・芸術 歴史

桶狭間合戦場
桶狭間古戦場
開催期間

2019年4月13日(土曜日)から2019年5月19日(日曜日)まで

開催時間

午前9時 から 午後6時 まで

(展示室への入場は午後5時半まで)

開催場所

大府市歴史民俗資料館展示室(地図は下記リンク先をご覧ください)
歴史民俗資料館

内容

 大府市一帯の知多半島基部は、戦国時代、織田今川勢力が拮抗する戦線に含まれていました。企画展は、桶狭間の戦いに至る両軍が築いた城館に焦点をあてて、考古学の視点から考えていきます。関連城館から発掘された遺物や検出された遺構写真を展示します。

費用
無料

期間中の休館日

  • 毎週月曜日
  • 月末館内整理日 4月26日(金曜日)、4月29日(月曜日)から5月7日(火曜日)

開催概要

織田信長像
織田信長像 清須市

展示構成

  1. 今川義元と織田信長本拠地から
  2. 信長父 織田信秀の侵攻
  3. 今川義元の侵攻
  4. 決戦 桶狭間の戦い
  5. 桶狭間の戦い後
  6. その他
推定今川館遺構
推定今川館遺構 静岡県駿府城跡遺跡

主な展示品

1.今川義元と織田信長 本拠地から 

  • 今川義元の本拠地である「今川館」。近世駿府城の地下から検出された戦国時代の遺物、遺構写真を静岡県埋蔵文化財センターの協力で展示します。

 


清洲城下町遺跡(信長期)
清洲城下町遺跡 信長期 愛知県清須市
  • 織田信長の本拠地である清洲城。近年の発掘調査でその姿が浮かび上がりつつあります。敵対する「今川館」の遺物と並列して展示するのは数少ない機会と思います。

織田信秀像
織田信秀像 愛知県愛西市

2.信長の父 織田信秀の侵攻

  • 織田が今川と確執を決定づけたのは信長の父織田信秀が安城の安城城を陥落したことが発端でした。西三河の松平家は信秀の脅威に今川と手を結び対抗します。それに翻弄されたのが松平広忠に嫁いだ於大の方と息子竹千代(のちの徳川家康)です。
  • 安城城出土遺物(安城市埋蔵文化財センター)・岡崎城戦国期出土遺物(岡崎市教育委員会)

今川義元像
今川義元像 名古屋市

3.今川義元の侵攻

  • 織田信秀の脅威は徐々にそがれ、今川義元が優勢となります。特に信秀死去直後は尾張の台地部の奥まで勢力を伸ばしました。それに苦慮したのが若き織田信長です。
  • 八橋古城跡出土遺物((知立市歴史民俗資料館)三王山遺跡出土遺物ほか(名古屋市教育委員会)

松平元康像(のちの徳川家康)
松平元康像 のちの徳川家康 愛知県岡崎市

4.決戦 桶狭間の戦い

  • 永禄3年(1560年)5月19日に桶狭間の戦いを迎えます。竹千代は成長して松平元康と名乗り今川膝下に入ります。今川義元は沓掛城をたち約2万5千の大軍を率いて進軍します。一方、織田信長は清洲城をたち、熱田に集結、一路丹下砦を目指します。その数は約2千5百とも。これら戦線に連動する関連城館の一部は発掘調査されています。
  • 沓掛城跡出土遺物(豊明市教育委員会)熱田C遺跡・鳴海城跡・丹下砦関連遺跡出土遺物(名古屋市教育委員会)

5.桶狭間の戦い後

  • 桶狭間の戦い後、今川家は没落し、織田信長は本拠地を小牧山に移し美濃を攻略します。そして桶狭間の戦いから8年たつ永禄11年(1568年)に京へ上洛を果たします。ところで敗れた今川義元は桶狭間の戦いに臨んだ目的は何だったのでしょうか。有名な京への上洛を遂げる説は最近の研究で否定されています。しかし全く否定されたわけでなく、今回の企画展では上洛説を採用したいと考えます。「義元の夢 信長の実現」ということで、二人が目指した京の姿である「洛中洛外図」を展示して両雄の鎮魂にかえさせていただきます。
  • 洛中洛外図屏風(南知多町延命寺 レプリカ)
福島正則像
福島正則像 名古屋市

6.その他

  • 戦国時代の企画展なので、日本刀を展示します。この中には豊臣秀吉膝下の武将福島正則所用と伝えられる大刀が出品されます。福島正則は桶狭間の戦いの翌年永禄4年に生まれています。その他にもトピックスとして、戦国時代の村の様子や城館研究でわかった新事実を紹介します。
  • 大刀 兼元 室町後期・大刀 濃州関住兼定(個人蔵)

企画展ポスター

企画展ポスター
企画展「発掘 桶狭間の戦い~関連城館の調査~」

発掘 桶狭間の戦い関連事業講座

駐車場のご案内

イベント情報をGoogleカレンダーまたはiPhone・iPad端末のカレンダーに取り込めます。
カレンダーへの取り込みについて説明を読む

このページに関するお問い合わせ

歴史民俗資料館
電話:0562-48-1809
ファクス:0562-44-0033
歴史民俗資料館へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。