協働の拠点へ 横根公民館でフードドライブ開催(令和2年10月)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1015917  更新日 2020年11月18日

印刷大きな文字で印刷

協働の拠点へ 横根公民館でフードドライブ開催

横根地域に善意の輪が広がりました

「子育て支援サークルはじめのいっぽ」の方が寄付を受け取っています。

 令和2年10月13日(火曜日)と27日(火曜日)の寿大学分散開講時に合わせて、「フードドライブ」を開催しました。食品ロス削減や生活困窮者の支援を目的に、家庭で余っている食品(缶詰やレトルトなどの保存食品)を集め、食料を必要とする方に届けるイベントです。
 子育て支援サークルあそびのいっぽ、横根自治区、神田女性の会、市環境課と連携し、2日間でお米100キログラムを始め、食品が数多く集まりました。特に横根地区は田畑を耕作する方が多く、新米の季節には前年度のお米を提供してもらい、寄付する方も受け取る方もとても幸せな気持ちになりました。

フードドライブで集まった食料などです。

 寄付した方には、神田女性の会が布きれを利用し、「みつろう」(ミツバチの巣の材料)で作った再利用可能なラップを配り、その作り方を教えていました。
 今回のイベントは、自分たちの活動で他の誰かの不利益を生まないよう、誰一人取り残さないを理念とするSDGsの考え方に沿うものでした。多くの団体が各々の立場で協力して実施できたことが、地域とつながり地域をつなげる役割を求められる公民館にとり、大変良かったと考えています。このような善意の輪がさらに広げられるよう、今後とも活動していきたいと思います。

地図

地図が表示されない場合は、リンク先をご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

横根公民館
電話:0562-46-7722
ファクス:0562-44-1796
横根公民館へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。