みんなで跳べたね、跳び箱5段(令和3年9月)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1020208  更新日 2021年10月13日

印刷大きな文字で印刷

みんな跳べたね、跳び箱5段

できる喜びは格別

講師の見守りのもと、受講生が跳び箱を繰り返し練習しています。

 8月4日(水曜)・11日(水曜)・18日(水曜)の3日間、横根公民館では小学1・2年生対象に、「体力づくり応援プログラム」を開催しました。講座のきっかけは、子どもの体力低下が全国的に問題となる中、体力テストにて愛知県は特に低く、その中でも大府市はさらに下位にあるとのこと。
 近年、夏休みに遊びを取り入れ、低学年の頃から体力の向上を図り、達成感や自己肯定感を育む取組を進めてきました。
 今回は、苦手な子が多く、家庭でも教えにくい「跳び箱」に挑戦しました。
 講座当日は、講師が考案した「やってみよう」体操で始まりました。ポップでテンポの良いリズムと、どこまでも前向きな歌詞にあわせて、身体全体を大きく使い様々な運動を行うので、体力アップと跳び箱で重要なリズムに乗る動きを学びました。
 また、跳び箱の動きを各パーツに分けて繰り返し練習し、徐々に段数を上げ、リズムよく跳べるよう、講師の激励のもと何度も練習しました。
 最後には、縦置きと横置きで受講者全員が5段を跳ぶことができました。受講者からは、「最初は怖くて飛べなかったけど、少しずつ練習をすることで、飛ぶことができて怖さが無くなった」などの感想がありました。

地図

地図が表示されない場合は、リンク先をご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

横根公民館
電話:0562-46-7722
ファクス:0562-44-1796
横根公民館へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。