おおぶアカデミー「妖怪像の成立を考える」を開催しました。(2023年3月)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1026613  更新日 2023年3月22日

印刷大きな文字で印刷

おおぶアカデミー

3月4日(土曜日)

おおぶアカデミーを開催しました。

 おおぶアカデミーでは、市内の公民館を会場として高度で専門的な内容の講座を市民向けに開催しており、各公民館に様々な大学から先生をお招きしています。今回、東山公民館では「妖怪像の成立を考える 河童・平家蟹・猩々を手がかりに」というテーマで、愛知学院大学文学部 日本文化学科教授 蛸島(たこしま) 直(すなお)先生にご講演していただきました。民話や昔話などに登場する妖怪がどのように誕生したのか学術的にお話していただき、どぶろくまつりに登場する猩々についてもふれられて、受講生たちは熱心に聞き入っていました。終了後のアンケートからも満足度の高かったことが伺える講座でした。

おおぶアカデミー
妖怪像を成立させる諸要因の内容

このページに関するお問い合わせ

東山公民館
電話:0562-47-1498
ファクス:0562-44-1794
東山公民館へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。