新型コロナウイルス感染症対策に必要な経費を確保するため、議員報酬を5パーセント減額します

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1014402  更新日 2020年6月15日

印刷大きな文字で印刷

 大府市議会では、新型コロナウイルス感染拡大防止のための各種施策に必要な財源を確保するため、令和2年7月から令和3年3月までの9カ月分の議員報酬と12月期の議員期末手当(ボーナス)を5パーセント減額し、大府市新型コロナウイルス感染症対策基金に積み立てることとしました。
 そこで、令和2年大府市議会第2回定例会(6月1日)に、議員報酬等の減額を定めた「令和2年7月から令和3年3月までの間における大府市議会の議員の議員報酬等の特例に関する条例」を提出し、全会一致で可決されました。

条例議案の提出委員会

  • 大府市議会議会運営委員会委員(7人)

  

削減額(議員19人の合計)

  •  508万円

  (内訳)
   ・議員報酬   398万8千円
   ・議員期末手当 109万2千円

このページに関するお問い合わせ

議会事務局 議事課
電話:0562-45-6251
ファクス:0562-47-5030
議会事務局 議事課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。