議会活性化特別委員会の調査研究結果の報告 平成26年5月9日

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1006311  更新日 2018年10月25日

印刷大きな文字で印刷

 議会活性化特別委員会は、平成25年6月24日の第2回定例会の最終日において、「議会の活性化に関する諸問題の調査研究」を付託され、設置されました。延べ8回の委員会を開催したほか、2市の先進地調査を実施し、調査を行ってきました。
 調査の終了にあたり、その結果を報告書にまとめ、平成26年5月1日に議長に提出し、平成26年5月9日の第2回臨時会で報告しました。

報告書を議長に提出

     ※浅田茂彦委員長、上西正雄副委員長から、鈴木隆議長に報告書を提出

調査研究結果の概要

  1. 議会基本条例について
  2. 反問権について
  3. 議員間討議の促進について
  4. 議会報告会・意見交換会等について
  5. タブレット端末その他議会のICT化について
  6. 議員定数について
  7. 先進市議会の取組について

議会活性化特別委員会報告書(平成26年5月9日)

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

議会事務局 議事課
電話:0562-45-6251
ファクス:0562-47-5030
議会事務局 議事課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。