令和元年第3回定例会

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1011992  更新日 2019年11月30日

印刷大きな文字で印刷

一般質問

12月9日(月曜日)

午前9時から
質問順位

議員名

所属会派

1

木下久子

市民クラブ

2

大西勝彦

市民クラブ

3

野北孝治

市民クラブ

午後1時から
質問順位

議員名

所属会派

4

酒井真二

自民クラブ

5

鷹羽琴美

自民クラブ

6

藤本宗久

自民クラブ

7

小山昌子

市民クラブ

12月10日(火曜日)

午前9時から
質問順位

議員名

所属会派

8

国本礼子

公明党

9

鷹羽富美子

風民の会

10

太田和利

自民クラブ

午後1時から
質問順位

議員名

所属会派

11

久永和枝

日本共産党

12

森山守

無会派クラブ

13

鷹羽登久子

無所属クラブ

14

宮下真悟

無所属クラブ

  • 通常、午前に3人、午後に4人の一般質問を行います。
  • 議員1人の持ち時間は60分ですが、60分使い切ることは多くありません。また、おおむね質問者2人ごとに10分から15分程度の休憩時間をとっています。
  • 会議開催時間等は、予告なく変更する場合がありますので、御注意ください。

一般質問事項表

質問順位1 木下久子議員(市民クラブ)

  1. 市民の生命と財産を守るための治水対策と自主防災意識を高めるために
    1. 治水対策について
      1. 市が管理している河川の改修は、計画的に行われているか
      2. 雨水ポンプ場施設の管理の点検・調査は、計画的に実施されているか
      3. 雨水貯留浸透施設設置奨励補助金制度の取組をどのように進めていくのか
      4. 透水性舗装の整備を進めていく考えはあるか
    2. 自主防災意識を高めるために
      1. 全戸配布した「大府市防災ガイドブック」について、市民の反応はどうであったか
      2. 警報発表から同報無線での発信までに時間差があるのは、どのような理由か
      3. 洪水警報時の災害対策本部及び支部は、どのような体制であったか
      4. 市民に大府市河川水位情報の活用はされているか
      5. 今後、新基準の洪水ハザードマップを作成していく考えはあるか
      6. 小中学校での防災教育により、児童生徒及び保護者の防災意識は高まっているか
      7. 防災学習センターは、どのような災害体験ができる施設になるのか

質問順位2 大西勝彦議員(市民クラブ)

  1. 平和のための政治
    1. 中学生平和大使の報告会を全中学校で実施する考えはあるか
    2. 中学生平和大使を全中学校から派遣する考えはあるか
    3. 中学生平和大使事業を中学校のカリキュラムの中で平和教育として取り上げる考えはあるか
    4. 総合教育会議や教育委員会の中で、中学生平和大使事業をどのように評価しているか
    5. 平和を切り口とした都市間交流を考えているか

質問順位3 野北孝治議員(市民クラブ)

  1. 鳥獣被害の防止について
    1. 被害状況の把握は、どの程度進んでいるか
    2. 被害状況の解析は進んでいるか
    3. 捕獲実績を増やす考えがあるか
    4. 近隣市町と協力して被害防止対策を進める考えはあるか
    5. 捕獲をどこまで進める考えか
    6. 鳥獣被害防止を含む自然環境整備の考えは
  2. 安心して暮らせる取組について
    1. 高齢者の特殊詐欺の被害をなくすための施策の充実の考えはあるか
    2. AEDの設置拡大の考えはあるか

質問順位4 酒井真二議員(自民クラブ)

  1. 食育の取組について
    1. 小中学校における食育の取組について
      1. 食育の取組の現状と課題は
      2. 給食における食育の効果は何か
      3. 牛乳の提供をどのように捉えているか
      4. 食育の観点から、生活習慣病予防の取組の状況はどうか
    2. 食品ロス削減の取組状況と食品ロス削減推進計画策定についての考えは
  2. 防災の取組について
    1. 安全な水の提供ができる体制はできているか
    2. 停電時の電源確保はできているか
    3. 停電復旧について、電力会社とどのように協議しているか
    4. 全市に避難指示・勧告が出た際の対応について
      1. 速やかに避難行動に移す啓発はできているか
      2. 避難所のキャパシティは十分に対応できるものか
      3. 避難所の災害弱者対策はどうか
      4. 避難所におけるTKB(トイレ・キッチン・ベッド)の確保、スフィア基準の準拠の取組はどうか
    5. NBC災害に対する取組はどうか

質問順位5 鷹羽琴美議員(自民クラブ)

  1. 持続可能な「健康都市おおぶ」の実現を目指して
    1. 10万人都市の実現に向けて、今後11年間で約8,000人をどのように増やすのか
      1. 令和12年度の計画人口を10万人とした根拠は何か
      2. 住宅地の確保についてどのように考えているか
      3. 既に住宅地となっている市街化調整区域の下水道整備をどのように考えているか
      4. 外国人の受入れに対する考えは
    2. 全ての人にとって安心で安全なまちづくりのために
      1. 聴覚・言語機能障がい者の方々の119番通報についての現状はどうか
      2. Net119緊急通報システムの導入についての考えと今後の予定は
    3. 高齢者がいつまでも快適で便利な暮らしを送るために
      1. 高齢者の安全運転について新たな対策を検討する考えは
      2. 運転寿命延伸を研究している国立長寿医療研究センターと連携する考えは
    4. 神田地区周辺のまちづくりについて
      1. 市道井田上線の歩道整備の進捗状況はどうか
      2. 午池南交差点の渋滞解消策の効果と更なる改善策は
      3. 神田小学校のグラウンド改修についての考えは
      4. 大府市買い物支援ガイドの効果と商業振興に対する取組はどうか

質問順位6 藤本宗久議員(自民クラブ)

  1. 「美しいまちをつくる」ために
    1. 「『健康都市おおぶ』みんなで美しいまちをつくる条例」について
      1. 吸殻のポイ捨てや禁煙エリア内での喫煙行為に対する抑止効果はあったか
      2. 違反者への罰則が適用されたケースはなかったと聞いたが、なぜ違反者に対して罰則を適用しなかったのか
      3. 「2万円以下の罰金」となっている規定を「2千円の過料」に変更する考えはあるか
    2. 駅周辺の適当な場所に喫煙スペースを設置する考えはあるか
  2. 更なる行政サービスの向上を目指して
    1. 大府市職員の名刺作成が自費負担となっているが、職員の名刺は公文書か私文書か
    2. 私的に作成された名刺は何らかのチェックを受けているか
    3. 職員の名刺作成費を公費負担とする考えはあるか
    4. 職員の名刺を大府市のPRグッズとして活用してはどうか

質問順位7 小山昌子議員(市民クラブ)

  1. 共に生きる社会(特別支援教育)について
    1. 共生社会の実現に向けた教育についてどのように考えるか
    2. 学校における福祉教育をどのように考えるか
    3. 学校における特別支援教育をどのように考えるか
    4. 教育懇談会とはどのような場なのか
    5. 特別支援学級補助員、通常学級特別支援員、スクールライフサポーターの配置基準はどのようになっているか
    6. 特別支援学級補助員、通常学級特別支援員、スクールライフサポーターの配置状況はどのようになっているか
    7. 特別支援学級補助員、通常学級特別支援員、スクールライフサポーターの増員についての考えはどうか
    8. 校外学習に付き添うための勤務時間の拡大と旅費の支給についてどのように考えるか

質問順位8 国本礼子議員(公明党)

  1. 尊厳を持って安心して暮らせる社会の構築のために
    1. アピアランスケアについて
      1. 本市における乳がんの罹患率の実態は把握できているか
      2. 本市におけるアピアランスケアの現状について、どのように考えているか
      3. がん患者に対する相談体制の周知や適切な情報提供を行っているか
      4. 医療機関などと連携して、がん患者に対する相談体制を整える考えはあるか
      5. 医療用ウィッグの購入費用の助成を実施する考えはあるか

質問順位9 鷹羽富美子議員(風民の会)

  1. 市民や子どもたちを守るためのきめ細やかな危機管理の取組について
    1. 当事者の視点を生かした避難所運営について
      1. 女性防災リーダーの育成や女性消防団員の加入促進のために、どんな手立てを考えているか
      2. 乳児や妊産婦専用の避難所を用意する考えはあるか
      3. 避難所での性被害を防ぐために、どんな対策を考えているか
      4. 聴覚障がい者や外国人への情報提供を保障するために、どんな手立てを考えているか
    2. 地震等により浜岡原発又は福井県内の原発で事故が起きたと想定した避難訓練を実施する考えはあるか
    3. 原子力災害の予防として、子どもたちの災害備蓄品に安定ヨウ素剤を用意する考えはあるか
    4. 「大府市防災ガイドブック」に原子力防災対策を掲載する考えはあるか
    5. 放射線についての間違った認識を子どもたちが持たないために、「放射線副読本」を回収する考えはあるか

質問順位10 太田和利議員(自民クラブ)

  1. 安全・安心のまちづくりについて
    1. 大府市の大雨水害対策について
      1. 東海豪雨以降、県の河川整備については、どれほど進捗し、治水安全度が向上したか
      2. 大府市総合排水計画における河川整備について、短期計画及び中期計画は何年を想定して定めたものなのか
      3. 東海豪雨以降、市の河川整備については、どれほど進捗し、治水安全度が向上したか
      4. 10年に一度の大雨を想定した洪水対策工事については、どれほど進捗し、治水安全度が向上したか
      5. そのほかの洪水対策工事については、どれほど進捗し、治水安全度が向上したか
      6. 今後の水害対策の予定はどうなっているか
      7. 排水ポンプの排水量の増加のための変更若しくは新設等の計画の見直しはあるか
    2. 洪水ハザードマップについて
      1. 洪水ハザードマップに対する市民の周知度について、どのように捉えているか
      2. 浸水被害の広がり方のわかる予想マップを作成してはどうか

質問順位11 久永和枝議員(日本共産党)

  1. 学校に行けない子どもの居場所づくりについて
    1. 大府市の不登校の現状について
      1. 学校に通えない子どもが増えている現状をどのように受け止めているか
      2. 学校は不登校児童生徒が増えることに対してどう変わろうとしているのか
      3. 5人に1人と言われている「ひといちばい敏感な子(HSC)」への認識、対応はどのように行っているか
      4. 学校現場では「子どもと向き合う時間」をどう作っているのか
    2. 学校に行けない子ども等に関する法律(教育機会確保法)ができたことで、何が変わったか
    3. 家族と子どもの心のケアはどのように行っているのか
    4. 学校やレインボーハウスなどに行けない子どもたちは日々どのように過ごしているのか
    5. 学校やレインボーハウスなどに行けない100人を超える子どもの「学びの保障」はどのように行っているのか
    6. 社会的自立を優先した居場所づくりを行う考えはないか
  2. 教育予算の使い方について
    1. 学校現場からの要望ではない人型ロボットを配置した理由は何か
    2. 予定外の配置の上、3年の契約を急いで行った理由は何か
    3. 今年度の契約分の約100万円はどのように捻出するのか
    4. 人型ロボットよりも、老朽化した学校の修繕、備品の購入などを優先するべきではなかったのか

質問順位12 森山守議員(無会派クラブ)

  1. いつまでも自分らしく生きることを、安心して選択できる大府市の実現を目指して
    1. 大府市の在宅医療の現状と特徴はどのようなものか
    2. 今後の在宅医療の需要について、その内容と量の変化をどのように予測するか
    3. ひとり暮らしの高齢者への在宅医療で難しい点は何か
    4. ACP(アドバンス・ケア・プランニング≒今後の治療、ケアに関する話合い)について
      1. AD(アドバンス・ディレクティブ≒事前指示)との違いをどう医療者、市民に理解していただくか
      2. ACPについて、大府市内において今後どのように行われていくか
    5. 今後、大府市の在宅医療を支える医療、介護以外の社会的資源について
      1. 地域と在宅医療を受ける方との関係づくりのために、どのような地域資源が有効か
      2. 在宅医療そのものを地域はどう支えているか
    6. 今後、質量ともに需要が増大する在宅医療及び地域包括ケアの充実のためにどのような役割を果たす機関が必要か

質問順位13 鷹羽登久子議員(無所属クラブ)

  1. 名古屋都市圏における大府市のこれからについて
    1. 第6次総合計画策定経過において、どう見込み、議論されたか
      1. 名古屋都市圏の人口動向の見立てはどうか

      2. 近隣自治体の推計値や動向を踏まえた、大府市の高齢化率についての見通しはどうか

      3. リニア中央新幹線開業に伴う当市への影響「リニアインパクト」と、より効果的に受け入れるための検討状況はどうか

      4. 基幹産業である製造業についての状況分析及び見通しはどうか

      5. ICTの一層の普及と活用がもたらす働き方や暮らし方への影響は

    2. 特に重点を置き、優先度高く取り組んでいくべきと考えられるものは何か
    3. JR新駅や警察署の誘致など、これまでの進捗が難しかった事業が進む可能性をどう考えるか

質問順位14 宮下真悟議員(無所属クラブ)

  1. 誰もが生き生きと暮らせるまち、おおぶを目指して
    1. 視覚障がいのある方への配慮の取組状況について
      1. 公共施設における点字ブロックの整備状況は
      2. 点字表記及び音声による案内等の取組状況は
      3. 市のホームページは音声読み上げソフトに対応しているか
      4. ホームページ担当職員に、音声読み上げソフトに配慮したテキスト表記の研修を行っているか
    2. 点字や音声による案内等の更なる拡充についての考えは

このページに関するお問い合わせ

議会事務局 議事課
電話:0562-45-6251
ファクス:0562-47-5030
議会事務局 議事課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。