小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)にかかる新型コロナウイルス感染症の影響による売上減少の証明申請について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1013670  更新日 2021年1月4日

印刷大きな文字で印刷

 第5回(12月10日締切)をもって、令和2年度のコロナ特別対応型への申請受付は終了しています。

 国の令和元年度補正予算「小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)」については、前年同月比20%以上の売上減少が生じている事業者に対し、補助対象経費の一部について審査後、概算払いによる即時支給(交付決定額の50%)が行われます。

 大府市では、市内事業者の方からの「売上減少の証明書」の交付申請を受け付けております。
 証明書の交付を希望される方は、以下の内容をご確認のうえ、申請をいただきますようお願いいたします(市の証明書の交付によって、「小規模事業者持続化補助金」の交付がなされるものではありませんのでご注意ください)。

 小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)は、小規模事業者等が、地域の商工会議所等の助言等を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って販路開拓等(新たな販促用チラシの作成、ネット販売システムの構築等(コロナ特別対応型においては、感染症の影響を乗り越えるための前向きな対策等))に取り組む費用の3分の2を補助する国の制度です。本補助金の内容、応募方法等については、日本商工会議所のウェブサイトをご覧ください。

 なお、「小規模事業者持続化補助金(一般型)」について、前年同月比10%以上の売上減少によるコロナ加点は、第2回締切にて終了となっています。

 また、補助金の応募には、大府商工会議所が交付する「事業支援計画書」が必要です。詳しくは、大府商工会議所(0562-47-5000)へお問い合わせください。

1 証明の要件

次のa,bの要件を満たす方に証明書を発行します。

<小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)>

a 大府市内に主たる事業所を有すること

b 令和2年2月から令和3年1月31日までの任意の1カ月間の売上高が、前年同月比で20%以上減少していること
※毎月の締め日が1日から月末でない場合は、締め日に応じた1カ月(例えば、3月20日から4月19日、4月5日から5月4日など)の売上高とする
※創業1年未満の事業者においては、創業後の任意の3カ月(比較対象となる1カ月が当該3カ月間の最終月となるまでの期間)(例えば「令和2年4月」と比較する場合、「令和2年1月から令和2年3月まで」や「令和2年2月から令和2年4月まで」)の売上高平均と比較して減少していること

 

なお、セーフティネット保証4号の認定書の写しも同証明書と同じ取扱いになります。

 (注意) セーフティネット4号の認定については、下記のページをご覧ください。 

2 証明発行の申請

 セーフティネット保証4号の認定を受けている場合は、認定書(コピー可)が、そのまま利用できます。

 上記に該当する場合は、証明書を発行しますので、下記「3 提出書類」を受付窓口に持参し、提出してください。
 提出書類をもとに要件に関する審査を行い、証明書を発行いたします。

<受付窓口・問合わせ先>
〒474-0025 大府市中央町5丁目70番地
大府市産業振興部商工労政課(商業観光係)
(電話:0562-45-6227)

3 提出書類

(1)証明申請書 2通
 下記からダウンロード可能です。また、受付窓口にも設置しています。

(2)証明の根拠となる各月の売上高を確認できる書類 1通
 試算表、売上台帳、総勘定元帳等、各月の売上高を確認できるもの

4 申請受付期間

〈小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)〉

令和2年5月1日(金曜日) ~ 調整中  9時から17時15分まで(土曜日、日曜日、祝日は除く)

5 その他

 証明書は、小規模事業者持続化補助金の交付申請以外の目的では利用できませんのでご注意願います。

 証明書発行後、申請内容と異なる事実が判明した場合には、証明書が無効になる場合があります。

 受付期間が限られていますので、余裕をもって申請くださいますようお願いいたします。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

産業振興部 商工労政課
電話:0562-45-6227
ファクス:0562-47-7320
産業振興部 商工労政課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。