改元に伴う福祉医療証等の取扱いについて

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1010181  更新日 2019年4月26日

印刷大きな文字で印刷

改元に伴う福祉医療証等の取扱いについて

改元後も福祉医療証等はそのまま使用できます

4月1日に新元号が発表され、5月1日に改元が行われる予定ですが、4月30日までに発行する子ども医療費受給者証や母子家庭等医療費受給者証、障がい者医療費受給者証、精神障がい者医療費受給者証、後期高齢者福祉医療費受給者証の有効期限は事務処理の都合上「平成」を表記しております。

5月1日以降は、当該日付を新元号による日付と読み替えて、有効期限まで引き続き使用できます。

※なお、「子ども医療費受給者証」は、新元号が表記されたものを6月下旬に送付します。

このページに関するお問い合わせ

健康文化部 保険医療課
福祉医療係 電話:0562-45-6230 国保年金係 電話:0562-45-6330
ファクス:0562-44-3434
健康文化部 保険医療課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。