新型コロナウイルス感染症に関するQ&A

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1013556  更新日 2020年3月24日

印刷大きな文字で印刷

新型コロナウイルス感染症に関するQ&A

新型コロナウイルス感染症について、よくある質問について回答します。

最近では、SNS上のデマによってやティッシュペーパーやトイレットペーパーが一時的な品薄状態となり、間違った情報による混乱した行動が起きている状況にあります。正しい情報を知り、適切な行動をとることが大切です。

正しい情報は、関連リンクより厚生労働省ホームページ等をご参照ください。

よくある質問

  1. どんな症状が出るの?
  2. 潜伏期間はどれくらいあるの?
  3. 市では検査をやらないのか、市内で検査できる医療機関は?
  4. 感染が心配なので、検査して欲しい
  5. 帰国者・接触者外来はどこか?
  6. 濃厚接触者とは?
  7. 感染が起きやすい場所は?
  8. 風邪症状があるが大丈夫か?
  9. 気になる症状がある。どうしたらよいか。
  10. マスクをもらえないか?
  11. 手洗いだけで大丈夫?
  12. 保健所と保健センターの違いは?
  13. 国から配布される布製マスクはいつ頃、どのように届きますか?
  14. 1人一律10万円給付されるの? 申請方法と申請期限は?
  15. 持続化給付金とは?

 

問1 どんな症状が出るの?

回答:新型コロナウイルスに感染した人は、ほとんどが無症状ないし軽症であり、既に回復している人もいます。 国内の症例を分析すると、発熱や呼吸器症状が1週間前後持続することが多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える人が多いです。 しかしながら、一部の症例は、人工呼吸器など集中治療を要する、重篤な肺炎症状を呈しており、季節性インフルエンザよりも入院期間が長くなる事例が報告されています。現時点までの調査では、高齢者・基礎疾患を有する者では重症化するリスクが高いと考えられます。

 

問2 潜伏期間はどれくらいあるの?

回答:現時点で潜伏期間は1から12.5日(多くは5から6日)とされており、また、これまでのコロナウイルスの情報などから、未感染者については14日間にわたり健康状態を観察することが推奨されています。

 

問3 市では検査をやらないのか、市内で検査できる医療機関は?

回答:市には検査ができる機能はありません。検査は、衛生研究所で行っております。新型コロナウイルス感染症が疑われた場合、知多保健所の相談窓口に電話相談した後に医療機関の「帰国者・接触者外来」を受診することになります。

問4 感染が心配なので、検査をして欲しい

新型コロナウイルス感染症が疑われた場合、知多保健所の相談窓口に電話相談した後に医療機関の「帰国者・接触者外来」を受診することになります。

帰国者・接触者相談センター(知多保健所)

電話番号
0562-32-1699
受付時間

平日:午前9時から午後5時

夜間、土曜日、日曜日、祝日:オンコール24時間体制

相談基準

 少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐに御相談ください。 
(これらに該当しない場合の相談も可能です。)
•息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱などの強い症状のいずれかがある場合
•重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
※高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPDなど)などの基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤などを用いている方
•上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合
(症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)

相談は、「帰国者・接触者相談センター」(地域により名称が異なることがあります)のほか、地域によっては、医師会や診療所などで相談を受け付けている場合もあるので、ご活用ください。

妊婦の方へ
妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに「帰国者・接触者相談センター」などに御相談ください。
お子様をお持ちの方へ
小児については、小児科医による診察が望ましく、「帰国者・接触者相談センター」やかかりつけ小児医療機関に電話などで御相談ください。

問5 帰国者・接触者外来はどこか?

回答:「帰国者・接触者外来」を設置している医療機関は公開していません。これは、2009年の新型インフルエンザ流行の際に、一部の府県で特定の医療機関の外来に受診者が殺到して、急を要する方に対する対応に時間を要した等の経験があるからです。急を要する方(例えば、集中治療を有する重症者)を優先的に受け入れられるようにするための必要な対応ですので、ご理解をお願い致します。

問6 濃厚接触者とは?

回答:感染者の家族や、職場等でよく話をした人となります。職場全員が濃厚接触者というわけではありません。愛知県が感染者の追跡調査をする際に、2週間の健康観察の対象となる濃厚接触者を決定します。

問7 感染が起きやすい場所は?

回答:具体的には、ライブハウス、スポーツジム、屋形船、ビュッフェスタイルの会食、雀荘、スキーのゲストハウス、密閉された仮設テント等です。このことから、屋内の閉鎖的な空間で、人と人とが至近距離で、一定時間以上交わることによって、患者集団(クラスター)が発生する可能性が示唆されます。そして、患者集団(クラスター)が次の集団(クラスター)を生むことが、感染の急速な拡大を招くと考えられます。

問8 風邪症状があるが大丈夫か?

回答:風邪の症状や発熱、だるさ、息苦しさなどの症状あっても、現時点ではインフルエンザ等の新型コロナウイルス感染症以外の病気の方が圧倒的に多い状況です。風邪やインフルエンザ等の心配がある場合に、これまでと同様、かかりつけ医等にご相談ください。
  一方で、「帰国者・接触者相談センター」でご案内する「帰国者・接触者外来」には、新型コロナウイルス感染症が疑われる方が受診されますので、感染への不安から、適切な相談をせずに、これらの外来を設置している医療機関を受診することは、皆さんがコロナウイルス感染症でなかった場合に、かえって感染するリスクを招くことになります。
かかりつけ医等とよく相談し、複数の医療機関を受診することは、控えるようにしてください。
 

問9 気になる症状がある。どうしたらよいか。

回答:新型コロナウイルス感染症に関する健康相談は、愛知県知多保健所等へご相談下さい。

 少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、県の相談窓口または厚生労働省相談窓口へご相談ください。
(これらに該当しない場合の相談も可能です。)
•息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱などの強い症状のいずれかがある場合
•重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
※高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPDなど)などの基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤などを用いている方
•上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合
(症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)

相談窓口

愛知県知多保健所
電話番号
0562-32-1699
受付時間
  • 平日:午前9時から午後5時
  • 夜間、土曜日、日曜日、祝日:オンコール24時間体制
愛知県健康対策課
電話番号
052-954-6272
受付時間
午前9時から午後5時(土曜日、日曜日、祝日含む)
厚生労働省電話相談窓口
電話番号
0120-565-653
受付時間

午前9時から午後5時(土曜日、日曜日、祝日含む)

問10 マスクをもらえないか?

回答:市では、市民の皆様が利用できる数の備蓄はありません。感染のリスクが高まる人込みへ出かけることを避け、予防行動をしてください。また、咳やくしゃみ等の症状がある方は、咳エチケットを心掛けてください。
 

問11 手洗いだけで大丈夫?

回答:感染予防に最も有効な方法は手洗いです。 ウイルスは一般的に粘膜から体に侵入します。手が触れやすい顔には目・鼻・口に粘膜があり、触る前に手からウイルスを洗い流しておくことが、感染予防に一番大切です。 職場や学校に着いた、自宅に着いた、トイレに行った後、食事や水分を取る前、共用の食器(ビュッフェのトングやスプーンなど)や共用スペースのドアノブ・手すり・ひじ掛けなどに触ったら、粘膜に触れる前の手洗いが有効です。

問12 保健所と保健センターの違いは?

回答:愛知県知多保健所(帰国者・接触者相談センターを兼ねる):感染者・濃厚接触者への対応や、症状のある方の受診相談を行います。

大府市保健センター:上記以外の相談をお受けします。

問13 国から配布される布製マスクはいつ頃、どのように届きますか?

回答:4月17日(金曜日)以降、感染者数が多い都道府県から順次配送を開始し、5月中に配送を完了する予定です。配布方法は、日本郵便の全住所配布のシステムを活用して一住所当たり2枚ずつ配布することとしており、日本郵便が対面の配達ではなくポストに投函してお届けします。

問14 1人一律10万円給付されるの? 申請方法と申請期限は?

回答:総務省は20日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う現金10万円の一律給付(特別定額給付金)の概要を発表しました。対象は外国人を含む、4月27日時点で住民基本台帳に記載されている全ての人です。申請は、郵送とマイナンバーカードを使ったオンラインによる受け付けを基本とし、世帯主が世帯全員分をまとめて行います。市区町村から郵送される申請書に必要事項を記入し、返送してください。オンラインの場合は、マイナンバーの個人向けサイト「マイナポータル」から申請できます。申請期限は、郵送の受け付け開始から3カ月以内です。

問15 持続化給付金とは?

回答:感染症拡大により、特に大きな影響を受ける事業者に対して、事業の継続を下支えし再起の糧としていただくため、事業全般に広く使える給付金のことです。対象は新型コロナウイルス感染症の影響により、売上が前年同月比で50%以上減少している者で、給付額は法人200万円、個人事業者は100万円(ただし、昨年1年間の売上からの減少分を上限とする)。
 

中小企業金融・給付金相談窓口

電話
0570-783-183
受付時間
午前9時から午後5時(土曜日、日曜日、祝日含む)

このページに関するお問い合わせ

健康文化部 健康増進課
電話:0562-47-8000
ファクス:0562-48-6667
健康文化部 健康増進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。