新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた住居確保給付金のご案内

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1014004  更新日 2020年4月21日

印刷大きな文字で印刷

新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた住居確保給付金のご案内です。

新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた住居確保給付金について

住居確保給付金の支給要件が拡大されました

新型コロナウイルス感染症の緊急対策として、住居確保給付金について、令和2年4月20日から支給対象を拡大しています。
住居確保給付金とは、離職や廃業により、住居を失った方又は住居を失うおそれが高く、収入等が一定水準以下の生活に困窮した方への支援として、期間を定めて家賃相当額を支給するものです。
今回新たに、休業等に伴う収入減少により、離職や廃業には至っていないものの、こうした状況と同程度の状況に至り、住居を失うおそれが生じている方に対して、支給対象が拡大されています。

詳細は、下のリンク先のページをご確認ください。

 

添付ファイル

関連情報

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

福祉子ども部 地域福祉課
電話:0562-45-6228
ファクス:0562-47-3150
福祉子ども部 地域福祉課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。