乳幼児育児相談返答(平成30年8月23日受信)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1008691  更新日 2018年11月30日

印刷大きな文字で印刷

質問

 現在11カ月の子どもの離乳食について相談です。

 離乳食で必要なタンパク質として、納豆が良いと聞き取り入れています。

 しかし、私は納豆独特の粘り気や匂いが苦手です。調理の際は、湯通ししたり焼いたりして、粘りや匂いを抑える工夫をしています。ですが、匂いだけは完全には消すことはできません。

 私にとって苦手な物で、また神経質なので、その匂いを嗅ぐだけで卒倒しそうになります。

 ですが、栄養価の高さと、子どもが普通に食べる(進んで食べるわけではない)ことから、毎回意識が飛びそうなのをこらえて食べさせています。

 子どもは小食で一度にたくさん食べられないので、量の割にタンパク質が多く含まれているものを選びたいです。

 10カ月健診の時には体重の増加不良を指摘され、良質なタンパク質を摂取できる納豆を食べさせるよう助言されました。子どもは食べてくれているので、私が我慢すれば良いのかもしれませんが、倒れそうになりながら食事タイムを過ごすのがつらいです。

 このまま納豆をあげ続けるべきでしょうか?それか、他に少量でタンパク質を多く摂取できる食材や、調理方法などありましたら教えてほしいです。よろしくお願いします。

回答

 今回は、乳幼児育児相談メールにご相談いただきありがとうございます。

 お子様のために苦手な納豆の調理を工夫されている様子がよく分かりました。

 しかし、無理をするとお母さんの心の安定が保たれなくなり子育てへの悪影響が出ないとも限りません。納豆以外でたんぱく質の摂取ができる食材や使い方をお知らせします。

 たんぱく質は、とりササミ(肉類)、白身魚(魚介類)、卵、大豆製品、乳製品などに多く含まれています。中でもきな粉とチーズはたんぱく質が多く含まれているので、きな粉をマカロニやパンにまぶしたりチーズをおやつにしてはどうでしょうか。

お問い合わせ先

大府市 乳幼児育児相談
電話:0562-47-2200
大府市 利用者支援
電話:0562-46-2100

このページに関するお問い合わせ

子どもステーション
電話:0562-44-4541
ファクス:0562-48-7450
子どもステーションへのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。