「令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金」及び「大府市子どものための臨時特別給付金」

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1020795  更新日 2022年1月7日

印刷大きな文字で印刷

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、その影響により苦しんでおられる子育て世帯の支援を行うため、国の制度に基づき給付金を支給します。また、国の給付金の対象とならない世帯や離婚などによって給付を受けられなかった世帯、さらに同学年ながら対象外であった4月1日生まれの新生児も対象に追加します。

大府市子どものための臨時特別給付金の概要

大府市は、所得制限により国の子育て世帯への臨時特別給付金の対象とならない世帯にも、市独自で「大府市子どものための臨時特別給付金」10万円を支給します。
大府市は、子育て世代の転入が多く、令和2年度の国の統計調査では、出生率が県内で最も高い1.93を記録しています。変異株の流行によりコロナ禍が長期化し、子どもたちの生活にも影響が及ぶなか、「子育て応援都市おおぶ」として、国の制度を補完し、給付金の対象を全世帯とすることで、全ての子どもたちの健やかな成長を力強く応援します。
また、国の給付金の対象とならない、離婚などによって、給付を受けられなかったひとり親世帯等にも同様に児童一人あたり10万円を支給します。さらに、対象児童と同学年となる令和4年4月1日生まれの新生児を養育する世帯も対象に追加します。

項目

内容

支給対象

(予定)

(1)所得制限で国の「子育て世帯への臨時特別給付金」が支給対象外となった方
(2)基準日以降の離婚などによって給付を受けられなかった方
(3)令和4年4月1日に生まれた新生児を養育する方(所得制限なく全世帯)

支給金額

児童1人あたり一律10万円

※支給にかかる詳細については、令和4年1月大府市議会臨時議会の議決後にお知らせします。

(国制度)子育て世帯への臨時特別給付金(10万円)の現金一括給付について

大府市は、12月13日(月曜日)に中学生以下の子どものみを養育している方に対して5万円の先行給付を行いました。
その後、政府が「年内に10万円の現金を一括で給付する形も選択肢」という方針を示したことを受けて、残り5万円も現金で12月23日(木曜日)に給付することを決定しました。
また、申請が必要な高校生の児童のみを養育する世帯などに対しても、申請書が市に届き、審査手続きが完了したものから順に、同日(12月23日)から10万円の現金一括給付を開始します。

支給時期及び支給方法

対象

申請

給付日

ア.児童手当の受給者(中学生以下のみの児童の保護者) 不要 先行分(5万円)12月13日
追加分(5万円)12月23日
イ.児童手当の受給者(中学生以下と高校生の児童の保護者) 不要 一括(10万円)12月23日
ウ.高校生等のみの児童の保護者、公務員等 一括(10万円)12月23日~

•児童手当の受給者(ア、イ)については、12月1日付けで先行給付金5万円を支給するお知らせを送付しましたが、改めて追加支給として現金で5万円を支給するお知らせを送付します。
•高校生等のみの児童の保護者及び公務員等の方(ウ)については、12月8日付けで先行給付金5万円を支給するお知らせを送付しましたが、改めて追加支給として現金で5万円を支給するお知らせを送付します。
•申請が必要な方(ウ)で、既に先行給付分を申請した方については、新たな申請手続は不要です。審査後、支給対象の方には、申請書の口座に12月23日(木曜日)以降、順次振り込みます。
•申請が必要な方(ウ)で、まだ、申請していない方については、12月8日付けのお知らせに同封された申請書を記入し、令和4年2月28日までに提出してください。

(国制度)支給対象者

次の(1)から(3)のいずれかに該当する対象児童の保護者のうち、生計を維持する程度の高い者に支給されます。

(1)令和3年9月分の児童手当(本則給付)支給対象となる児童(令和3年9月生まれの児童を含む)

(2)令和3年9月30日時点の高校生等(平成15年4月2日から平成18年4月1日生まれ)の児童(保護者の所得が児童手当(本則給付)の支給対象となる金額と同等未満の場合)
※対象児童が婚姻している場合をのぞく 

(3)令和3年10月1日から令和4年3月31日までに生まれた児童手当(本則給付)の支給対象児童(新生児)

支給額

対象児童1人につき10万円
(備考)5万円から10万円に変更となりました。

 

申請手続

令和3年9月児童手当受給者は申請が原則不要です。

  • 支給対象者のうち、(1)の児童の保護者は申請が原則不要です。
  • (1)の児童の保護者には、12月1日に通知を送付しました。
  • 支給を希望されない場合は届出が必要となりますので、子ども未来課へご連絡のうえ、受給拒否の届出書をご提出ください。

対象児童が高校生等のみの世帯及び公務員世帯、令和3年10月以降に生まれた新生児世帯の方は申請が必要です。

  • 支給対象者のうち、次の方は申請が必要です。
  1. 支給対象者のうち(2)の児童の保護者(ただし、(1)の児童と同じ保護者に養育されている場合は、申請不要)
  2. 所属庁から児童手当(本則給付)を受給している公務員
  3. 支給対象者のうち(3)の児童の保護者
  • 支給対象者((3)の児童の保護者を除く)には、12月8日に申請書等を送付しました。
  • (3)の児童の保護者は出生届提出の際に、子ども未来課で申請してください。
  • 申請受付後、1カ月程度で支給されます。

申請に必要な書類

以下の必要書類をご提出ください。申請書は子ども未来課窓口でもご用意しております。

  1. 第2号様式 給付金支給口座登録等の届出書
  2. 第3号様式 臨時特別給付金申請書(高校生等用) ← 新生児((3)の児童)以外の方用
  3. 第4号様式 臨時特別給付金申請書(新生児用)
  4. 申請者、配偶者、対象児童のマイナンバーのわかるもの
  5. 受取口座を確認できる通帳等の写し

申請受付

  • 子ども未来課への郵送または窓口で受け付けます。
  • 指定口座への振込が口座解約・変更等によりできない場合は、子育て世帯等臨時特別支援事業(先行給付金)が支給されませんので、令和4年2月28日までに必ずご対応をお願いします。
  • 申請書類の確認等のため、お時間がかかることがありますので余裕をもってご対応ください。

離婚した(又は協議中の)方、DV避難中の方

国の「子育て世帯への臨時特別給付金」は、主に、令和3年9月分の児童手当受給者が支給対象者となります。そのため、基準日以降に離婚した場合は、国の給付金の支給対象者と、支給日時点で対象児童を監護している方が異なることがあります。そのため、子どもたちにとって望ましい使途についてよく話し合っていただくなど、子どもたちの未来を拓く観点から子どもたちのためにご活用いただけるよう受給者の皆様にはご協力をお願いします。

また、大府市では、離婚等(協議中を含む)が原因で、対象児童を監護しているものの、今回の国の特別給付金の枠組みでは対象とならない方に対し、市独自の「大府市子どものための臨時特別給付金」として、18才以下の児童1人あたり10万円を支給します(元配偶者等から国の「子育て世帯への臨時特別給付金」を受け取っている場合は、支給対象外となります)。

※市独自の「大府市子どものための臨時特別給付金」にかかる詳細(申請方法等)については、令和4年1月大府市議会臨時議会の議決後にお知らせします。

Q&A こんなときはどうなるの?

Q.単身赴任の父(母)と別居している児童はどうなりますか?
A.この給付金は、生計を維持している程度の高い(収入の多い)保護者が支給対象者となります。保護者の収入を確認し、多いほうの保護者が基準日(9月30日)時点で住んでいる市町村にお問い合わせください。

Q.公務員で、1年前も同様の給付金の申請をしましたが、その時の口座は使えませんか?
A.1年前の給付金から1年以上経っており、対象児童の年齢も異なることから、改めて申請をお願いします。

Q.自分の収入が給付金の所得制限以内かわからない場合はどうしたらいいですか?
A.まずは申請をしてください。担当で所得等の審査をし、国の給付金の対象でなければ、市独自の「大府市子どものための臨時特別給付金」を支給します。

Q.引っ越した場合には、給付金の振込はどうなりますか?
A.基本的には、児童手当の振込指定口座もしくは別途指定した口座に住所地市町村(特別区含む)から振り込まれます。ご不明な点があれば、中学生までのご家庭であれば、10月に児童手当を支給をした引越前の市町村に、高校生のご家庭であれば9月30日時点での住所地市町村にお問い合わせください。

Q.中学生と高校生の子どもがいますが、申請は必要ですか?
A.令和3年9月分の児童手当の支給を受けていれば、高校生のお子さんの給付金分もまとめて児童手当の振込指定口座に支給しますので、申請は不要です。

給付金に関する振り込め詐欺にご注意ください

ご自宅や職場などに愛知県や大府市、厚生労働省、内閣府の職員などをかたった不審な電話や郵便があった場合は、大府市のお問い合わせ先(このウェブサイトの末尾に掲載)や最寄りの警察署(または警察相談専用電話(#9110))にご連絡ください。

内閣府のウェブサイト「子育て世帯への臨時特別給付について」

内閣府コールセンター

フリーダイヤル番号:0120-526-145
時間:午前9時から午後8時まで(土日祝を含む、12月29日から1月3日までは休み)

foreign language「令和3年度子育て世帯等臨時特別支援事業(先行給付金)」についてのお知らせ

やさしい にほんご

English(英語)

Português(ポルトガル語)

中文(中国語)

Việt(ベトナム語)

Tagalog(タガログ語)

Bahasa Indonesia(インドネシア語)

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

健康未来部 子ども未来課
子ども支援係 電話:0562-45-6229
若者女性活躍係 電話:0562-85-3320
子ども家庭係 電話:0562-45-6229
ファクス:0562-47-2888
健康未来部 子ども未来課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。