大府市低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活応援特別給付金(ひとり親世帯以外分)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1025084  更新日 2022年10月28日

印刷大きな文字で印刷

本市独自の取組として、食料品等の価格高騰に対する家計への影響が特に大きい、低所得の子育て世帯を応援するため、緊急措置として「大府市子育て世帯生活応援特別給付金」を支給し、世帯の経済的支援を行います。

支給対象者

次の(1)から(2)のいずれかに該当する方で、令和4年11月1日時点で大府市に住民登録がある方

(1)下記の対象児童を養育する父母等であり、令和4年度の住民税(均等割)が非課税である方

(2)下記の対象児童を養育する父母等であり、令和4年1月1日以降の収入が急変し、住民税非課税相当の収入となった方 

父母等のうち、生計を維持する程度が高い方(収入が一番多い方等)が上記に該当する必要があります。

対象児童

 令和4年3月31日時点で18歳未満の児童(一定の障がいのあるお子さんは、20歳未満)

 ※令和4年4月以降令和5年4月1日までに生まれる新生児も対象です。

支給額

対象児童1人あたり5万円

 

申請手続

支給対象者(1)に該当する方で、税の申告済みの方

  • 原則申請不要です。ただし、対象児童のうち、16歳から18歳までのお子さんのみを養育している方は、申請が必要です。
  • 支給対象者(申請不要の方)には、11月上旬以降、順次通知を送付します。
  • 11月中旬以降、順次児童手当・特別児童扶養手当の振込先の口座に振り込みます。
  • 支給を希望されない場合は届出が必要となりますので、子ども未来課へご連絡のうえ、受給拒否の届出書をご提出ください。

 

それ以外の方

以下の必要書類をご提出ください。申請書、申立書は子ども未来課窓口でもご用意しております。

  1. 第1号様式  申請書
  2. 第2-1号様式 収入額の申立書(家計急変者)※支給対象者(1)の方で、未申告の方は必要ありません。
  3. 第2-2号様式 所得額の申立書(家計急変者)※2(第2-1号様式)で限度額を超えた場合のみ必要です。
  4. 申請者本人確認書類の写し
  5. 受取口座を確認できる通帳等の写し
  6. 給与明細等の写し

ただし、申請が必要な方で、国の低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金を支給済みの方は申請不要です。

必要書類

申請期間

  • 令和5年4月17日(月曜日)まで、子ども未来課窓口で受け付けます。
  • 申請書類の確認等のため、お時間がかかることもありますので余裕をもってお越しください。

給付金に関する振り込め詐欺にご注意ください

ご自宅や職場などに愛知県や大府市、厚生労働省の職員などをかたった不審な電話や郵便があった場合は、大府市のお問い合わせ先(このウェブサイトの末尾に掲載)や最寄りの警察署(または警察相談専用電話(#9110))にご連絡ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

健康未来部 子ども未来課
子ども支援係 電話:0562-45-6229
若者女性活躍係 電話:0562-85-3320
子ども家庭係 電話:0562-45-6229
ファクス:0562-47-2888
健康未来部 子ども未来課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。