私立幼稚園就園奨励費補助について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1004462  更新日 2019年8月9日

印刷大きな文字で印刷

大府市内に住所を有し、かつ、愛知県内の私立幼稚園に通園する幼児を持つ保護者の経済的負担を軽減するため、市町村民税の課税状況に応じてその経費の一部を補助する制度です。

1 私立幼稚園就園奨励費補助(補助限度額)

幼児教育・保育の無償化に伴い、2019年度の幼稚園就園奨励費については、2019年4月から9月まで(前期分)が補助対象期間となります。下表は年額ベースのため、前期分の補助限度額は、「下表の補助限度額×前期分保育料の支払い月数÷12」になります。

2019年度補助限度額

区分 S(S) A(F)

B(G)

C(H) D(I) E(J)
  生活保護世帯 市町村民税非課税世帯 市町村民税所得割非課税世帯 市町村民税所得割77,100円以下の世帯 市町村民税所得割211,200円以下の世帯 左記区分以外の世帯
第1子 308,000円 272,000円 272,000円 187,200円 62,200円             0円
第2子 308,000円 308,000円 308,000円 247,000円 185,000円 154,000円
第3子以降 308,000円 308,000円 308,000円 308,000円 308,000円 308,000円
2019年度補助限度額(ひとり親世帯等)
区分 K L M
  市町村民税非課税世帯 市町村民税所得割非課税世帯 市町村民税所得割77,100円以下の世帯
第1子 308,000円 308,000円 272,000円
第2子 308,000円 308,000円 308,000円
第3子以降 308,000円 308,000円 308,000円

注意点

  • 補助額は、世帯全員の市町村民税所得割合計額が基準となっていますが、区分の判定について、園児が保護者以外の方とも同一世帯となっており、家計の主宰者が保護者の場合については、再度、区分判定をさせていただきますので、保育課へ連絡をお願いします。(再判定の結果、区分が変わらない場合もあります。)
  • 税の申告がない方(給与所得者を除く)は当該補助金の対象になりません。
  • 年度の途中で入退園等により異動した場合は、月割額により支給となります。
  • 税額等の変更により、後で補助金額が変わることがありますのでご注意ください。

多子計算について

小学校3年生までの兄・姉の数に応じて、多子世帯の負担軽減を行います。
例)補助対象児童から見て、小学校3年生と幼稚園年長児の兄がいる場合・・・第3子として算定
補助対象児童から見て、小学校6年生と小学校4年生の姉がいる場合・・・第1子として算定

ただし、多子軽減の適用に関しては、市町村民税所得割額77,100円以下の世帯については、多子計算に係る年齢制限を撤廃し、年齢に関わらず多子計算の算定対象にします。
※ 多子計算の算定対象となる範囲は、保護者と生計を一とする者(必ずしも同居を要件とするわけではなく、勤務、就学、療養等の都合上別居している場合でも対象)とします。    

2 私立幼稚園授業料助成

1の私立幼稚園就園奨励費補助対象外の世帯に対して、10,000円(年額)を補助していましたが、令和元年10月から始まる幼児教育・保育の無償化に伴い、私立幼稚園授業料助成制度は平成30年度をもって終了しました。

3 申請方法

幼稚園より送付された「令和元年度大府市私立幼稚園就園奨励費補助金交付申請書」及び「委任状」に所定事項を記入し、押印の上、各幼稚園までご提出ください。

 

※平成31年1月2日以降に大府市に転入された方は、以前の住所地での市町村民税課税(非課税)証明書(令和元年度分・世帯全員分)を添付してください。それ以外の方は必要ありません。

※この補助金の支給は、令和2年3月頃の予定です。

このページに関するお問い合わせ

福祉子ども部 保育課
電話:0562-85-3895
ファクス:0562-47-3150
福祉子ども部 保育課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。