緑のカーテンを設置して省エネ・節電に取り組もう!

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1001890  更新日 2018年10月23日

印刷大きな文字で印刷

緑のカーテンとは

イラスト:緑のカーテン1

緑のカーテンは、夏の暑いときに、日が当たる窓の外をアサガオやゴーヤのようなつる性の植物でおおう自然のカーテンです。

緑のカーテンは、夏の強い日ざしをさえぎったり、涼しい風を部屋の中に呼び込んでくれます。

涼しくなった分、クーラーをつける時間を減らせば、家計にも地球にもやさしくできます。

緑のカーテンの効果

(1)窓から入り込む日ざしをさえぎる

緑のカーテンは、部屋に差し込んでくる日ざしを大幅にさえぎり、室内の温度上昇を防ぎます。

(2)壁や地面の表面温度を抑える

イラスト:緑のカーテン2

建物の壁やまわりの地面は、日射によって暖められます。これらの温度が上昇すると、そこから発生する熱により、まわりの温度もあがります。緑のカーテンは、壁や地面などの温度上昇を抑え、暑さを和らげることができます。

(3)蒸散作用で冷やす

植物は、根から吸い上げた水分を葉から蒸散させます。蒸散の際に、まわりの熱が奪われるため、室内に入ってくる温度が低くなります。

緑のカーテンの取組

イラスト:地球のまわりを囲む人々

環境課では、地球温暖化の要因と言われているCO2(二酸化炭素)排出量の削減のため、緑のカーテンによる省エネ・節電を推進し、以下の取組を実施しています。

  1. 緑のカーテン講座
  2. 公共施設に緑のカーテンを設置
  3. 緑のカーテンコンテスト

(これらの取組は、愛知県のあいち森と緑づくり事業の補助を受けて実施しております。)

また、他の省エネ・節電の取組に関しては下記リンク先を参考にしてください。

関連リンク

このページに関するお問い合わせ

市民協働部 環境課
電話:0562-45-6223
ファクス:0562-47-9996
市民協働部 環境課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。