第7回おおぶ緑のカーテンコンテストの入賞者が決定しました

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1001891  更新日 2019年8月15日

印刷大きな文字で印刷

大府市では、地球温暖化対策の一環として、日当たりのよい窓をツル性の植物でカーテンのように覆う緑のカーテンを普及することにより、緑化促進を図るとともに、室内温度の低下に伴う夏期の冷房の使用量の抑制と環境問題意識の高揚を目指し、おおぶ緑のカーテンコンテストを開催しました。第1次審査、第2次審査の結果から、各部門の入賞者を決定しました。

住宅部門

最優秀賞 南徳久さん【東新町】

南徳久さんの緑のカーテン

  • 植物の種類
    ゴーヤ、カボチャ
  • 工夫した点
    自家製コンポストで生ゴミをたい肥化し、桜の葉も利用し土づくりをしました。自動散水装置を手作りし、水やりをしました。

南徳久さんの緑のカーテン

  • 設置の効果
    夕方、葉に霧状に水まきをするととても涼しいです。果実は近所の方や友人に分けたり、ゴーヤ茶を作りました。
  • 感想
    室内から見える緑色は大好きです。周りに緑が少ないため、緑のカーテンが木陰を作り、暑さをしのいでくれています。

優秀賞 井上けい子さん【柊山町】

井上けい子さんの緑のカーテン

  • 植物の種類
    ゴーヤ、ツルムラサキ、アブチロン、ミニトマト
  • 工夫した点
    猛暑が予想されたため、ゴーヤが早く2階まで茂るように追肥、摘心を増やしました。また初めは黒マルチで育てていましたが、暑くなった際に敷き藁に変え育てました。
  • 設置の効果
    窓の外に広がる緑を眺めると、心が落ち着き安らぎを与えてくれています。ゴーヤの実は60本以上収穫でき、知り合いに配っています。
  • 感想
    令和元年は長雨等対処しないといけないこともあり大変でしたが、孫と一緒に育てることができました。

優秀賞 武藤育義さん【若草町】

武藤育義さんの緑のカーテン

  • 植物の種類
    オーシャンブルー(琉球アサガオ)
  • 工夫した点
    オーシャンブルーは春先に生きたつるから新芽が出てくるため、新たに土を入れ、肥料を与えて生長を促します。ネットは補修しながら、使用しています。
  • 設置の効果
    普通のアサガオより葉が大きく、生育が旺盛でたくさん茂るため、ほかの部屋と比べて室内温度が低くなります。
  • 感想
    毎年生長具合が違い、葉や花の付き方が異なります。花は午前中が青紫色で、午後になると赤紫色に変わり、色の変化を楽しんでいます。

優良賞 荒川のりこさん【若草町】

荒川のりこさんの緑のカーテン

  • 植物の種類
    フウセンカズラ、ヘチマ、木香バラ
  • 工夫した点
    2階のベランダにプランターで緑のカーテンを作りました。1階の出入り口付近はヘチマのつるを誘導し、上部のみの緑のカーテンを作りました。
  • 設置の効果
    室内への日差しが減少し、室内温度が下がっています。
  • 感想
  • 朝夕の水やりを忘れないように気を付けています。

優良賞 浅野信清さん【北崎町】

浅野信清さんの緑のカーテン

  • 植物の種類
    ゴーヤ、アサガオ
  • 工夫した点
    駐車場の屋根の雨どいに水受けを設置し、散水に利用しています。
  • 設置の効果
    当初は夏場のエアコンの設定温度が25度でしたが、今は27から28度でも過ごせています。
  • 感想
    一人一人がやれることをコツコツ進めることが、地球温暖化対策、省エネ促進につながると思います。

優良賞 酒井幸三さん【北崎町】

酒井幸三さんの緑のカーテン

  • 植物の種類
    パッションフルーツ
  • 工夫した点
    前年のつるを冬に霜囲いして残し、毎年利用しています。
  • 設置の効果
    室内温度が下がり、外からの風が涼しく、特に夜は過ごしやすいです。
  • 感想
    育てるにはなかなか難しい植物ですが、毎年育ています。

優良賞 杉本則夫さん【北崎町】

杉本則夫さんの緑のカーテン

  • 植物の種類
    白・青ゴーヤ、アサガオ、フウセンカズラ、ヘチマなど
  • 工夫した点
    毎日水やりを欠かさず行い、定期的に肥料を散布しました。白ゴーヤと青ゴーヤを植えて食べ比べができるようにしています。白ゴーヤの方が苦みが少ないと思います。
  • 設置の効果
    エアコンの使用回数、使用時間が減少し、設定温度は28度にしています。
  • 感想
    植え付けが遅れたためまだ成長途中のため、これから2階まで緑のカーテンが届くように育てたいです。

住宅部門 名人賞

平成28年度に開催した第4回おおぶ緑のカーテンコンテストから第6回まで3年連続で最優秀賞を獲得されたため、名人賞として表彰します。

名人賞 美馬由香利さん【梶田町】

美馬由香利さんの緑のカーテン

  • 植物の種類
    ゴーヤ、沖縄アサガオ、キュウリ、トマト、スイカ、メロン、ブラックベリー、つるバラ
  • 工夫した点
    <設置>
    ・種まき:ゴーヤの発芽温度(20から25度)になったら、種のとがった部分をカットして、1晩水につけてから蒔きました。
    ・土づくり:4月中旬にプランターの土に切った敷き藁、石灰、牛糞を混ぜ、5月上旬に支柱を立てて、ネットを張り、苗を植えました。
    <育成方法・コツ>
    ・本葉が8枚くらいで摘心を行い、脇芽を伸ばし葉を茂らせました。
    ・最初は葉を茂らすことを優先し、花を摘み取り、伸びたつるを誘引しました。
    ・土が乾いたら、水をたっぷり与え、乾燥を防ぎ、地温の上昇を防ぐために敷き藁をしました。
    ・こまめに追肥をしました。
    <花や果実の活用>
    ・ゴーヤ:ゴーヤチャンプル、おひたし、塩炒め、つくだ煮、ゴーヤ茶、冷凍保存
    ・ブラックベリー:ジャム
  • 設置の効果
    窓から入り込む日差しを遮り、室内温度の上昇を防ぐとともに、壁や地面の表面温度の上昇を防いでくれています。また蒸散作用で室内に入る空気の温度を下げてくれています。緑のカーテンを設置することにより、外からの視線を遮ることができるので、日中は窓を開けて扇風機を回し、エアコンはほとんど使用していません。
  • 感想
    毎年快適に過ごすために家族で緑のカーテンを作っています。色々な植物を試しましたが、ゴーヤが最適だと思います。広い庭ではないので、限られたスペースを有効活用し、四季を通して緑や花のある庭づくりを楽しんでいます。

美馬由香利さんの緑のカーテン内側

団体部門

最優秀賞 北山公民館エコキッズさん【梶田町】

北山公民館エコキッズさんの緑のカーテン

  • 植物の種類
    ゴーヤ
  • 工夫した点
    支柱に竹を加えることで、台風の際にも強風で折れないように工夫しています。ゴーヤが1.5メートルまで伸びたら、つるの先端を切り、脇からつるが出て葉がたくさん茂るようにしています。土はよく混ぜふかふかにしてから苗を植えることで、根が良く伸び、天気や生長具合を見ながら追肥、雨水を利用した水やりを行いました。
  • 設置の効果
    子どもたちがエコについて学び、実践できるように地球温暖化防止や緑のカーテンの効果を教えてから苗植えや水やりを自主的に行ってもらっています。またエコキッズが学んだことを家庭や学校で話すことで多くの人に温暖化防止の意識を広げることができています。
    緑のカーテンは利用頻度が高く、駐車場からよく見える図書室の窓に設置し、室内温度が約2度低下しました。
  • 感想
    7月23日にエコキッズ全員が集まり、実を収穫しました。棚作りは地域協力者の方々が強風で倒れないように知恵をしぼりながら行いました。

優秀賞 あいち知多農業協同組合 神田支店さん【横根町】

あいち知多農業協同組合 神田支店さんの緑のカーテン

  • 植物の種類
    ゴーヤ
  • 工夫した点
    前年に使用した土を半分使用し、赤玉土をプランターの底に敷き詰め水はけを良くしました。保水を良くするためにもみ殻を土の上に敷き、その上から藁で覆いました。樽とポリタンクに雨水を溜め、水やりに利用し節水に努めました。
  • 設置の効果
    出社した際に今までは蒸し暑かったが、緑のカーテン設置後、蒸し暑さがなくなり清涼になりました。室内の体感温度が1から2度程度低下し、見た目の清涼感があります。
  • 感想
    来店したお客様から「楽しみにしています。」と言われ、頑張ろうと思いました。

優良賞 吉田まちづくり協議会 事務局さん【高丘町】

吉田まちづくり協議会 事務局さんの緑のカーテン

  • 植物の種類
    スイートピー
  • 工夫した点
    事務所の窓に設置し、関心を集められるようにしました。通路になる場所のため、突っ張り棒を活用し、垂直に設置しました。
  • 設置の効果
    室内温度が低下し、見た目がきれいで気持ちよく仕事ができています。また来館者に花の紹介とともに緑のカーテンの啓発ができています。
  • 感想
    来館者は実ができる植物よりも花のある植物の方が関心が高いようでした。

優良賞 有限会社レモン介護サービス 通所介護事業所レモンの樹大府さん【宮内町】

有限会社レモン介護サービス 通所介護事業所レモンの樹大府さんの緑のカーテン

  • 植物の種類
    きゅうり、ゴーヤ、アサガオ、トウモロコシ
  • 工夫した点
    緑のカーテンだけでなく、手前にトウモロコシを植えることで、照り返しによる乾燥を防ぐようにしました。収穫した野菜は、施設の利用者の方とおいしくいただきました。
  • 設置の効果
    カーテンを下すと暗くなってしまうが、緑のカーテンは暗くならず、野菜の成長過程を見ることができ、率先して利用者の方が手入れをしてくれています。また南側の日差しが強く、暑いという声も多かったですが、エアコンが良く効くようになり、暑いという声は少なくなっています。
  • 感想
    種や苗を植える作業も利用者の方が主で行い、利用者の方が中心で育ています。農業経験者の方も多く、知恵や技術を教えていただきながら、様々な野菜作りにも挑戦しています。

表彰

  1. 日時
    令和元年11月3日(日曜日) 午前9時45分
  2. 場所
    二ツ池セレトナ (大府市横根町名高山88番地の1)

コンテスト概要

住宅部門:21点

団体部門:8点

第1次審査:職員による現地審査

第2次審査:団体部門:8月1日(木曜日)、住宅部門:8月2日(金曜日)

大府市環境パートナーシップ会議委員による現地審査


緑のカーテンの設置時の注意点について

緑のカーテンを設置する際は、葉やつるの手入れを行い、枯れ葉等で近隣に迷惑をかけないよう周囲への心配りも忘れないようにしましょう。

このページに関するお問い合わせ

市民協働部 環境課
電話:0562-45-6223
ファクス:0562-47-9996
市民協働部 環境課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。