大府市庁内等環境保全率先行動計画「エコプランおおぶ」

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1001893  更新日 2018年10月25日

印刷大きな文字で印刷

エコおぶちゃん

 地球温暖化は、気候の変動を引き起こし、生態系をはじめとする人類の生存基盤に多大な影響を及ぼす大きな環境問題です。

 平成9年12月に京都で開催された「気候変動に関する国際連合枠組条約 第3回締約国会議(COP3)」において、先進国における温室効果ガス排出削減目標等を定めた「京都議定書」が採択されました。これを受けて、国は、平成11年4月に「地球温暖化対策の推進に関する法律(以下「地球温暖化対策推進法」という。)」を施行し、地方公共団体に対して、自らの事務及び事業によって発生する温室効果ガスの排出抑制等のための措置に関する実行計画の策定と措置の実施状況(温室効果ガス総排出量を含む)の公表を義務付けています。

 本市においては、平成12年3月に「大府市庁内等環境保全率先行動計画(エコプランおおぶ)」を策定し、見直しを行いながら環境負荷の低減に向けた取組を推進しています。

第5次大府市庁内等環境保全率先行動計画「エコプランおおぶ」を改定しました。

この度、第4次計画の計画期間終了に伴い、第5次計画を改定しました。

計画期間

平成28年度から平成32年度までの5年間

計画の目標

(1)温室効果ガス排出量原単位削減目標

 平成32年度に、対象施設から排出される温室効果ガスの総排出量を、平成26年度を基準として延床面積等あたり(原単位)で6%以上削減します。

(2)エネルギー消費量削減目標

 対象施設で消費されるエネルギーの総消費量(原油換算)を、平成26年度を基準として、各年度1%ずつの削減を目安に、平成32年度には6%以上削減します。

計画書

第4次大府市庁内等環境保全率先行動計画「エコプランおおぶ」

計画書

 環境保全率先行動計画の実績報告は下記ページをご覧ください

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

市民協働部 環境課
電話:0562-45-6223
ファクス:0562-47-9996
市民協働部 環境課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。