協働のまちづくり推進のための指針3

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1002002  更新日 2018年10月23日

印刷大きな文字で印刷

 大府市では、平成18年に「大府市協働のまちづくり推進条例」を制定し、協働の担い手である市民、自治会・コミュニティ、NPO・ボランティア、事業者、市の役割を明らかにするとともに、指針1、指針2を策定し、協働のための様々な制度や仕組みを整えてきました。

 「大府市協働のまちづくり推進のための指針3」は、これまでの協働の歩みを検証し、大府市の協働の強みは何か、協働を進める上で足りないことは何かを原点に立ち返って見直し、協働の各主体が次のステップへと進めるために今後取り組むべきことを、課題としてまとめたものです。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

市民協働部 協働推進生涯学習課
電話:0562-45-6215
ファクス:0562-47-9996
市民協働部 協働推進生涯学習課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。